うなぎのぼりブログ

日本のうなぎ食文化ってすごい。地域やお店によって夫々目指すべきうなぎ料理が違うのが魅力的。

よしみ屋


13:00頃の昼食。
帰宅途中だ、このあたりを自転車で走っているときにうなぎの看板があったのを思い出し
行ってみることにする。

道路を挟んだ店の前に駐車場が3台程度。
店内は、カウンター4席、小上がり3の卓、テーブル1卓、落ち着く広さだ。
13:00を過ぎているのに半分程度の席が埋まっている。
病院の近くという場所柄だからだろうか・・・。
昼間から生ビールを飲んでいる客のとなり、カウンターに座る。
入院している人なのだろうか????

この時間帯はランチメニューのお客さんばかりのいようだ。
和食系のランチメニューがある。
酒の品揃えも豊富だ、久保田の千寿・百寿に八海山の一升瓶が見える。
どうじょうや刺身、焼き鶏など酒の肴もいろいろあるようだ。
うな重並1500円、うな重上は1890円。
うなぎの大きさが違うとのこと、上を注文する。
DSC03224s.jpg
待つこと10分、うな重登場。
皮、身とも若干堅め、わりと脂がのっている身なのでジューシー感はある。
タレは甘辛あっさり系、重には少なめにかけてある。
テーブルにタレが置いてあるので好みだ調整。
ご飯は堅めで好み。
DSC03229s.jpg
なぜか、煮卵と刺身が付く、刺身がうまい。
他に漬物と肝吸い、乳酸菌飲料がつく・・・・。
蒲焼定食のようだ。
せっかく”うなぎ屋”の暖簾をつけているのだから
もうちょっと”うな重”に力を注いでいただけると幸いのような気がする。
場所柄、いろいろあるのでしょう。


よしみ屋
所在地:埼玉県さいたま市北区東大成町1丁目332
営業時間:11:00~14:00 17:00~22:00
定休日:毎週月曜日・第三火曜日

ゆぽんたのウェブサイト「うなぎのぼり」詳細記事はこちら

スポンサーサイト

0 Comments

Leave a comment