うなぎのぼりブログ

日本のうなぎ食文化ってすごい。地域やお店によって夫々目指すべきうなぎ料理が違うのが魅力的。

和食処 久仁本


越谷へ知人の見舞いへ行く。
旧四号線沿いに活きうなぎの旗が見える。
うなぎ専門店ではなく和食処のようだが
昼時なので入ることにする。
駐車場は店の裏手に二台ほどか・・・。

店内はカウンター7席、小上がり2卓12席、他に二階には座敷もあるのか?
わりと綺麗な店内。メニューには合鴨料理などがある。
このあたりは、鴨場も近く、合鴨料理を出す店も少なくないようだ。
夜は居酒屋になるのだろう、酒の肴むけの小料理風のメニューも多い。
うな重上1780円を注文。特上は2600円だ。
DSC03079s.jpg
待つこと20分、うな重登場。
皮は弾力がありやわらか、身は普通よりやや厚めか、
フワトロといったタイプではなく、わりとしっかりした身でジューシーなタイプ。
程よく脂がのり、柔らかい。
表面をややパリッとした感じに仕上げてある。
タレは甘めか、薄めで主張しないタイプ。うなぎのお味がよくでる。
蒸らしより焼きを重視しているのだろうか。

DSC03081s.jpg

はじめは、あっさりした感じかと思うが、ジューシーさでボリュームがある。
肝吸いの肝は大ぶりで、肝の苦みがちょうどよい。

一杯やりながらがいいなあ・・・。




関連ランキング:割烹・小料理 | 北越谷駅


スポンサーサイト

0 Comments

Leave a comment