うなぎのぼりブログ

日本のうなぎ食文化ってすごいかもしれない。気の向くままにうなぎ散歩。

米作りのお手伝いをすることになった

今年は田植えから米作りのお手伝いをすることになった。

作業初日。

田植えの準備。
手で苗を植えるため、間隔の目安となるロープを作る。
約50メートルあるロープに30センチごとに目印をつける。
これを八本分つくる。

つづいて、田んぼの畦道の草刈り。
エンジン草刈機の使い方を教えてもらい、さっそく作業。
意外と腰にくる。エンジンの振動で手も痛い。
DSC02993s.jpg
自分で草刈りをした畦。へたくそかも・・・。

この草刈り作業の意味は
田んぼの風通しを良くするためだそうだ
風通しが悪いと虫などが発生してしまうのだとか。
そして草は抜いてはいけない、刈らなくてはいけない。
畦道の強度を維持するため、根を残すのだそうだ。
根っこから抜いてしまうと畦が崩れてしまうのだそうだ。

初日、帽子もかぶらず軽装で登場した。
農作業には、帽子と水は必需品のようだ、熱中症が怖いところ。

さて、いつまで続くことやら・・・・。

スポンサーサイト

0 Comments

Leave a comment