うなぎのぼりブログ

日本のうなぎ食文化ってすごい。地域やお店によって夫々目指すべきうなぎ料理が違うのが魅力的。

うなぎ川魚料理米屋


見沼用水沿いを北上し菖蒲町役場までサイクリング。
菖蒲町役場で折り返し、芝山交差点を県道沿いに入る。
県道から右手すぐのうなぎ川魚料理米屋で本日の昼食。

外から見ると、川魚料理の看板しか見えない。
店内エントランス、琴のBGMが流れている・・・あら、高級なお店だったか・・・。
用水沿いを自転車で走ってきたため、シャツには小さな虫さんがついている・・・
汚い恰好で入っていいものか・・・席に通された、ドレスコードはないようだ。

静かで落ち着く店内。
三枚付特重2100円コーヒー付きを注文。
かなり広い店だ、法事や祝い事の宴席にはぴったりの店だ。
半個室のテーブル席、奥には座敷もある。
宴席料理が中心のようだ。
DSC02755s.jpg
待つこと25分、うな重登場。
皮はパリッとやや堅め、身はやや厚めでやわらかくトロっとしている。
タレはしょうゆ系濃い目、ごはんにもタレがたっぷりとかかっている。
肝吸いの肝は、焼いてありキモ独特の苦みがしっかりしている。
DSC02757s.jpg

お重のサイズもやや大きめ、サラダと切干大根とコーヒーがついて
このお値段でお得感もあり。

・お店のウェブサイトはこちら
http://www.citydo.com/prf/saitama/guide/sg/250001577.html



関連ランキング:うなぎ | 内宿駅羽貫駅


スポンサーサイト

0 Comments

Leave a comment