うなぎのぼりブログ

日本のうなぎ食文化ってすごいかもしれない。気の向くままにうなぎ散歩。

うなぎ割烹山田


海を見に行く途中、せっかくだから佐原を経由。
このうなぎ割烹山田が目当てだ。
開店前に到着したので、佐原の街を散策。
観光案内のおばちゃんによると、川越市とは仲がいいのだそうだ。
散策の途中もう一軒うなぎ屋を発見・・・こちらはまたの機会にする。

11:00、ほぼ開店と同時に店に入る。
既に先客がいるのね・・・・。
テーブル3卓、小上がり2卓
11:15分には満席だ。

メニューには”じか重”と”うな重”がある、
違いは、じか重は、ごはんの上に鰻がのっている。
うな重は鰻とごはんが別なのだそうだ。
他の天重もあり。
天重など他のメニューがあると、家族で行ったときなど
「私はうなぎの気分じゃないわねえ・・・」
なんていう者がいるときには便利だ。
「うなぎ屋に来たんだから鰻を食え。」と言いたいが・・・・。
まあ、うなぎを食べるときは一人でこっそり
じっくりゆっくり待ち、鰻とご対面してニンマリする。。。そんなのがいいなあ。

てなわけで
今回は、じか重上2200円、うな丼1700円、天重1450円にする。
ちなみに、じか重特上は時価。本日は3300円位とのこと。
DSC02072s.jpg
待つこと25分、うなぎが登場。
皮はパリッと香ばしく、身の表面もカリッとしている。
身は厚め、プリッとした食感とジュワッと柔らかジューシー。
タレは甘辛濃い目、ご飯がすすむ。
ご飯の堅さはちょうど良く、盛は多め。
肝吸いの肝も大きめだ。
DSC02080s.jpg
うな丼の吸い物には肝は入らない。
うなぎの厚さも、うな丼のほうが、若干薄い。
DSC02069s.jpg
DSC02082s.jpg
天重の盛もなかなか豪華ですな。
また、食べたいうなぎでございます。次回は特上にしたいなあ・・・。



関連ランキング:うなぎ | 佐原駅


スポンサーサイト

0 Comments

Leave a comment