うなぎのぼりブログ

日本のうなぎ食文化ってすごい。地域やお店によって夫々目指すべきうなぎ料理が違うのが魅力的。

うな仁(うなじん)


南浦和で打ち合わせ。
終了はお昼時、戸田市のうなぎを食べに行く。

戸田市役所前、市役所通りにある、うな仁へ。
店の外には、チャイルドシート付きの自転車がたくさん駐輪してある。
まさか・・・このうなぎ屋じゃないだろう。。。

昼食時のコアタイムを過ぎているのに、店内は賑わっている。
あの自転車、子供連れのママさんたちだ。
入口左にテーブル2卓、奥には広めの座敷がある。
座敷があると、子供連れでも入りやすい。
テブール席に案内される。

うな重松\2200円を注文。グレードでうなぎは同じだが大きさが
違うとのこと。2000円代ってことでよし。
注文のとき、「蒸してから焼きますので30ほど時間がかかります」
とのこと。承知である。
お茶とともに、冷奴と切干大根、つけもの、3つの子鉢が出てくる。
最初に出してもらえるのはいいところだ。
待ち時間中もお茶を入れ替えたりしてくれる。
こういう気遣いがうれしい。
DSC01447s.jpg
待つこと30分、予告通りうな重登場。
皮は少々弾力あり柔らか。身は厚め、表面をパリッと仕上げ
中はフワトロ系。脂ものりボリュームあり。
タレはコクのある醤油系、酒が効いた感じの濃い目か。
ご飯も好みの硬さでちょうど良い。好きだねえ。
DSC01453s.jpg
この値段で、このボリュームと内容で納得である。
表面パリッと中はフワトロ、上品ながら元気の出るうなぎ。



関連ランキング:うなぎ | 戸田駅


スポンサーサイト

0 Comments

Leave a comment