うなぎのぼりブログ

日本のうなぎ食文化ってすごい。地域やお店によって夫々目指すべきうなぎ料理が違うのが魅力的。

川魚御料理 川福


午後一番で川口で打ち合わせ。
ちょっと早めに川口入りして、以前自転車で走りながら見つけたお店に立ち寄る。

実はこちらのお店は二度ほど空振りしている。
一度目は自転車でブラブラしているときに、たまたま通りかかり
入ろうとすると、すごい時間がかかります・・・一時間以上・・・。
ということで断念。
うなぎ屋で待つのは苦ではないが、こんな風に言われると今日のところは退散しようという気になる。
二度目は夜に来てみたが、店が真っ暗だったので休みかと思い断念・・・。
今考えると、店と思っていたのは住宅で、店舗は敷地の奥のほうだ。
奥の店舗までは確認していないので勝手に休みかと思いこんでいたのかもしれない。

今回は三度目の正直。。。
事前に電話で確認し、予約を入れた。こちらのお店は予約を入れるのが常なのかもしれない。
DSC01133s.jpg

敷地内には古井戸らしきものあり。
駐車場も割と広い。車でなければちょっと不便な立地だ。
昭和レトロな店内、すべて個室座敷のようだ。
昼時にこの広めの個室座敷に一人でいるのは恐縮するが、
静かで優雅な気分になる。

メニューは電話で確認したところでは
うな重普通\1800円、うな重二段\2500とリーズナブルなお値段設定だ。
店内にはメニューらしきものがない。。。
予約をしてあったので、10分ほどでうな重普通登場。
DSC01141s.jpg
皮は弾力があり柔らか、身はやや厚めフワトロ系ではないが
ややプリッとした感じと柔らかジューシーの身。
タレはしょうゆ系だが若干甘め。
ごはんの堅さもちょうど良い。盛は多め。
肝吸いはなし。
DSC01147s.jpg
この値段でこのボリュームなら満足。
個室で静かに昼食をいただく贅沢な時間が過ごせる。
お客さんも何組か入っているようだが、ほんとに・・・静かだ・・・。

メニューの全貌が分からないまま会計する。
レジは調理場にあり、立て場や捌くための巨大なマナ板が見える。
若干不思議な感じを残しつつ店を出た。
ご飯の盛が多いおかげか、腹いっぱいである。。。。。



関連ランキング:うなぎ | 南浦和駅蕨駅


スポンサーサイト

0 Comments

Leave a comment