うなぎのぼりブログ

日本のうなぎ食文化ってすごい。地域やお店によって夫々目指すべきうなぎ料理が違うのが魅力的。

鰻専門店 愛川


寒い・・・寒波らしい。
土曜日、今週も出先仕事だ。
仕事を終えて、以前から気になっていた
蒸さない鰻、”硬焼”があるという高田馬場の鰻専門店愛川へ。

高田馬場駅から早稲田に向かうメインストリートから路地を入る。
都心の路地は一本入ると、急に人気がなくなり静かだ。
オレンジの看板が目立つ、おいしそうだ・・・。

昼前に到着、店内には誰もいない。
小上がり2卓、テーブル2卓、きれいで落ち着く店内。
メニューは鰻専門店らしく、うなぎ系のみ。
グレードでうなぎの大きさと量が違うとのこと。
硬焼は割増料金。
葵の硬焼を注文。
昼を過ぎてから、満席になり、相席になる。
DSC00678s.jpg

待つこと25分、うな重登場。
皮は超パリパリ、身は普通の大きさだが、やわらかトロトロ。
タレは醤油系で薄目。ご飯は少なめ、硬さもちょうど良い。
さすが、蒸さないうなぎ、硬焼。

名古屋あたりで食べた地焼きうなぎとは、少々異なるが
関東では珍しい、超皮パリのマニアック地焼きうなぎ。
関東風の蒸すうなぎも、もちろんあります。
途中、奥さんが相席料ということで、味噌田楽の小皿をサービスしてくれた。

食後、店主が登場して、「いかがでしたか?」と・・・・
わたしゃあ、評論家ではございませんので、率直な感想を・・・・。

店主によると
お客様の要望で、蒸さない硬焼きを始めたそうだ、
要望に応える店主のチャレンジ職人さと、奥様のキュートで細やかな接客
アットホームでまったりとくつろげるお店でございます。



関連ランキング:うなぎ | 高田馬場駅西早稲田駅面影橋駅


スポンサーサイト

0 Comments

Leave a comment