うなぎのぼりブログ

日本のうなぎ食文化ってすごい。地域やお店によって夫々目指すべきうなぎ料理が違うのが魅力的。

うな鐡大宮店

2015年12月再訪記
うな鐡大宮店

わりと見かける、うな鐡の屋号。
うなぎの串焼きを食べさせてくれるお店だ。
しかし、それぞれのうな鐡でお味が違ったりするから面白い。

20151209IMG_0738s.jpg
カブト焼。ホロッとくだける柔らかさ。

20151209IMG_0739s.jpg
レバ焼。あっさりした食感。

20151209IMG_0740s.jpg
肝焼き。なかなか大ぶりの肝串。

20151209IMG_0741s.jpg
くりから、短冊。
当然ながら身の部分は旨い。

20151209IMG_0742s.jpg
バラ焼、ヒレ焼。
ヒレ焼は一度食べていただきたい
かなりジューシーな食感だ。




2009年1月記

うなぎは大好物である。

大宮でミーティング。
お相手はカナダ人の英語教師。
好きな食べ物はうなぎ。。。。そうなんだ・・・。
スーパーで安売りしているときに自分で買って食べるんだとか。
大宮でうなぎ・・・・山家で長居は出来ないし・・・。

大宮北銀のはずれにある、うな鉄大宮店へ。
入口脇に焼き場があり、カウンター席が並んでいる。
昼過ぎ14:00ごろ入店したため他の客は一組程度。
奥にはテーブル席4卓。
一番奥のテーブル席に座る。

飲みながらミーティング。
このほうが良いアイデアも出やすい。
ホッピーがあるのがうれしい。
DSC00491s.jpg
肝焼きを注文。
タレの甘みと肝の苦みで、いいつまみになる。
DSC00495s.jpg
白焼き(並)と蒲焼(並)を注文
つまみにするにはこのくらいでいい。
白焼きは身は薄めながら、ジューシーな感じ。
わさび醤油につけて食べる。
普段うな重専門なのでなかなか白焼きを頼むに至らないが
やはり白焼きと酒はよく合う。
蒲焼の身はトロトロ、タレは甘辛濃い目か。

カナダ人英語教師は白焼きは初めてだったらしい。
どうやらうなぎのコッテリ感と甘辛のタレがお気に入りなんだそうだ。

ヒレ焼き・バラ身・カブト焼など
串ものもいろいろあるのもうれしいところ。

飲みながら食べながら気がつけば
滞在時間は4時間・・・・。
ダラダラと飲みながら食べられるうなぎ屋さんですな。



・お店のウェブサイトはこちら
http://www.unatetsu.jp/



関連ランキング:うなぎ | 大宮駅北大宮駅


スポンサーサイト

0 Comments

Leave a comment