うなぎのぼりブログ

日本のうなぎ食文化ってすごい。地域やお店によって夫々目指すべきうなぎ料理が違うのが魅力的。

See More Details

Subscribe and get in touch

Read More

第4回うなぎ愛好会の集い~第15回浦和うなぎまつり2016

2016年5月28日(土曜日)「第15回浦和うなぎまつり」が、さいたま市役所にて行われた。同時に「第4回うなぎ愛好会の集い」イベントとして企画し愛好会メンバーで「浦和うなぎまつり」を楽しむことにする。目指すは、実演販売の「うなぎ弁当」だ。実演販売の「うなぎ弁当」4000食一個1500円、お一人様3個まで。これをゲットするためには、9:00に配布開始される整理券をゲットしなくてはならない。うなぎ愛好会メンバーとしても気合を...

 29, 2016   0
Category  うなぎ愛好会

See More Details

Subscribe and get in touch

Read More

小川家

下田で昼食、「小川家」へ行く。店内は、テーブル2卓と小上がり席客席と調理場の間に立て場がある。メニューは、シンプル。うな重竹3450円よりグレードとしては松もあるが、本日は竹のみとのこと他には柳川、肝煮がある。静かな店内空間。予約をしていたお客様が入ってきた。先にうな重が出てくる、食べながら、鰻談義が始まる。待ち時間はこういう話が聞こえてしまうものでそれによると蒸さないうなぎはダメ、甘いのもダメなのだ...

 26, 2016   0
Category  静岡県

See More Details

Subscribe and get in touch

Read More

冨久家

旧東海道近くの「冨久家」ホームページには創業より60年余りとあるが、現在はそれ以上なのだろう。気持ちの良い応対の気さくな店主は三代目なのだそうだ。店内はテーブル2卓、掘りごたつ式2卓二階にはお座敷席もあり。純和風のレトロな雰囲気の店内には著名人の色紙なども飾られている。建物自体は古いが綺麗に手入れがされ丁寧に使用されている。メニューは、うな重並2900円よりグレードでうなぎの量が違うとのこと。並で一尾、上...

 26, 2016   0
Category  静岡県

See More Details

Subscribe and get in touch

Read More

魚与うなぎ店

旧東海道近くの、持ち帰り専門店。うなぎの卸問屋からはじまり現在は三代目なのだそうだ。持ち帰り専門店なのだが4月から店内飲食も可能になったのだそうでテーブルが1卓のみある。基本は電話で予約してその時間に取に行くというお持ち帰りスタイル。予約もしない自分は15分ほど待つ。これまた、基本は蒲焼なのだが無理を言って一尾を白焼きにしていただいた。そして肝焼きも追加。これが帰宅後の楽しみになる。蒸された、蒲焼と白...

 26, 2016   0
Category  静岡県

See More Details

Subscribe and get in touch

Read More

一鰻

伊東で一泊する。素泊まりなので、伊東の街で食事をする。ちょっと一杯飲みたい。伊東駅前ロータリーから路地を入ってすぐ「一鰻」へ。ダーク系の外観は重厚感を感じる。店頭に、注意書きが・・・読んでから入ろう。以下、一部抜粋。・当店では鰻の薬味は本わさびです。・さんしょうはありません。・軽めの柔らかなうなぎです。・カウンター十席のみの狭い店です。・完全禁煙です。・写真は料理のみにしてください・・・いろいろ大...

 26, 2016   0
Category  静岡県

See More Details

Subscribe and get in touch

Read More

まとい

伊豆半島を南下し伊東い到着。老舗旅館「東海館」向かいの「まとい」に行く。老舗旅館のある細い路地は温泉街の風情がある、周囲には蒲焼を焼く香りが広がっている。すっきりとシンプルな外観。店内はカウンター3席、テーブル4卓他。ほのかな川魚の香りが漂う。この香りがする店、好きだなあ。メニューはシンプル。半丼1800から。うな重並は2800円より。グレードでうなぎの量が違うとのこと。隣の老夫婦が、うな重とうな丼でなんで...

 26, 2016   0
Category  静岡県

See More Details

Subscribe and get in touch

Read More

itta

場所は湯河原。以前、一度店の前までは来たことがあったのだが、臨時休業で残念。その時は、旧店名「食事処山ごや」だった。また、伊豆方面に行く機会ができたのでリベンジ。店名が「itta」に変わったようだ。お店の外観はうなぎ茶屋?といった雰囲気。しかし中に入ると和風な内装ながら小物雑貨系のお洒落なカフェ。カウンター4席、テーブル2卓、小上がり2卓。ウェルカムメッセージの書かれたお洒落な黒板のあるカウンター席に座...

 26, 2016   0
Category  静岡県

See More Details

Subscribe and get in touch

Read More

すがや

京浜東北線蕨駅東口「すがや」創業当時からうなぎと定食を出すお店なのだそうだ。現在、三代目。店内は、和風の内装小上がり2卓、テーブル5卓。メニューはうな丼1700円より。うな重は3100円より。カレー、天丼、とんかつ、ひれかつ、海老フライなどの各種定食メニューが並ぶのも面白い。おつまみ系のメニューも豊富。待つこと25分、うな重登場。皮は柔らかく、皮下のボリューム感がある。身は表面をややサクッと仕上げてありやや厚...

 25, 2016   0
Category  埼玉県

See More Details

Subscribe and get in touch

Read More

寿司割烹 山水

川越線日進駅南口から一つ目の交差点の角にある。寿司割烹なのだが「うなぎ」のノボリもありお店の入口脇には焼き場もあり時折、うなぎ蒲焼を焼くいい香りがしてくる。夏場の丑の日には店頭での蒲焼の販売もしていることもある。ランチ時に行ってみる。入口を入って右手には立派な寿司カウンターがある。BGMのスローJAZZが心地よい。カウンター席は9席ほど半個室のテーブル席もある。入口左手にもテーブル席がありさらには別棟には...

 25, 2016   0
Category  埼玉県

See More Details

Subscribe and get in touch

Read More

江戸前うなぎ彦星2

「うなぎ大好き」管理人さんからさいたま市の川魚問屋「鯉平」さんの見学のお話を受けて、本日は一日ご一緒させていただく。川魚問屋「鯉平」さんの見学を終え※川魚問屋「鯉平」さん見学のレポートはこちら。昼食をどこにしましょうかということになる。「鯉平」さんの直営店、「かのうや」さんはちょうど定休日なので、浦和の「江戸前うなぎ彦星」さんに行くことにする。前回の「江戸前うなぎ彦星」さんのレポート記事でも書いた...

 25, 2016   0
Category  埼玉県

See More Details

Subscribe and get in touch

Read More

うなぎ屋酒坊・画荘 越後屋

久しぶりに小手指の越後屋さんへ。今回は、「うなぎ大好き」の管理人さんをお誘いしての訪問。「うなぎ大好き」管理人さんには、丸一日うなぎツアーをご一緒していただいている。開店前に、店前に到着。久しぶりに店主と再会。カウンターの席に座る。ここでは、このカウンターの席がお気に入りだ。というのは、店主からいろいろな話を聞けるからだ。三種盛り~刺身の盛り合わせ、うなぎバラのサラダ、岩ガキうなぎバラのサラダにか...

 25, 2016   0
Category  埼玉県

See More Details

Subscribe and get in touch

Read More

期間限定~日本橋長崎館~いさはやWEEK

期間限定~日本橋長崎館~いさはやWEEK2016年5月22日(日曜日)まで詳しくはこちら、諫早市オフィシャルサイトhttp://www.city.isahaya.nagasaki.jp/post38/30934.html今年2016年3月に日本橋にオープンしたという長崎県のアンテナショップ。期間限定で「いさはやWEEK」のイベントを行っている。長崎県の諫早(いさはや)と言えば、うなぎですよ。館内に入ると、諫早のゆるキャラ「うないさん」諫早のうなぎの妖精なのだそうだ。「うな...

 20, 2016   0
Category  鰻の街 諫早

See More Details

Subscribe and get in touch

Read More

行田屋2

浮間舟渡の「行田屋」さん何年振りだろうか・・・過去のブログ記事を見返すと2008年3月8年ぶりか・・・。たまたまツイッターであれ?もしかしてという思いから、どうにも気になってしまった。この行田屋さんのうなぎを食べてうなぎ蒲焼の不思議な魅力にはまることになったんだったなあ・・・。というのは、当時二代目店主から「うちのは、蒸さないんですよ。」と聞いていたことだけがひっかかっていた。蒸さないとは関西風なのか?...

 19, 2016   0
Category  東京都

See More Details

Subscribe and get in touch

Read More

うなぎ完全養殖技術研究の現場から

国立研究開発法人水産研究・教育機構増養殖研究所ウナギ種苗量産研究センター桑田センター長に話を伺ってまいりました。「南伊豆庁舎(静岡南伊豆)」>日本の養殖技術淡水魚の養殖は紀元前のローマ・エジプト・中国などですでに行われていたが、海産魚介類の養殖技術は1960年代あたりから、国の事業として行われていて、ほぼ日本が開発しているのだそうだ。元々は国の栽培漁業センターからスタートしている。その背景には、高度成長...

 18, 2016   4
Category  鰻の完全養殖

See More Details

Subscribe and get in touch

Read More

さいたまの川魚卸問屋「鯉平」

うな友である「うなぎ大好き」管理人さんより「鯉平」さんの見学に一緒に行きませんか?とありがたいメッセージをいただき、興味津々でご一緒させていただくことになった。「鯉平」の文字、埼玉県民のうなぎ好きは一度は目にしたことがあるだろう。特に大宮市民には馴染み深いのではないだろうか。株式会社「鯉平」は、主なうなぎ流通「生産者(養鰻場)~生産地問屋~消費地問屋~うなぎ専門店」のうちの消費地問屋にあたり、埼玉県...

 17, 2016   0
Category  川魚問屋