うなぎのぼりブログ

日本のうなぎ食文化ってすごいかもしれない。気の向くままにうなぎ散歩。

See More Details

Subscribe and get in touch

Read More

江戸前うなぎ彦星

江戸前うなぎ彦星浦和に新しい鰻屋さんができた。浦和駅西口から3分ほど、ナカギンザセブン内。店主は川魚卸問屋の「鯉平」で15年修行。銀座大和田浦和店、萬店などを経て2015年10月オープン。店頭に屋号の「彦星」のストーリーが書いてある。「ブレない自分を確認するときは、夜空を見上げるものだ。」「人生にいつでも持つべき「夢」「目標」を星にたとえて。」「商売繁盛、夫婦円満。」「うなぎで人を幸せにする使命をもって・...

 29, 2016   0
Category  埼玉県

See More Details

Subscribe and get in touch

Read More

鰻福会×うなぎ愛好会「第三回うなぎ愛好会の集い」

鰻福会×うなぎ愛好会「第三回うなぎ愛好会の集い」2016年2月24日水曜日「うなぎ料理専門店川昌本店」にて鰻福会×うなぎ愛好会(第三回うなぎ愛好会の集い)が開催された。今回は「鰻福会」さんの定期会合にお邪魔してのコラボレーション企画としての開催となった。「鰻福会」とは、服部会長(名古屋市瑞穂区「うな豊」)を発起人としてSNSを通して繋がった鰻屋さん職人さんの全国組織だ。熊本、大分、島根、長野、山梨、神奈川、埼玉...

 25, 2016   0
Category  うなぎ愛好会

See More Details

Subscribe and get in touch

Read More

うなぎ料理専門店 川昌本店

うなぎのぼり企画、動画コンテンツ制作のためご協力いただいた「うなぎ専門料理店 川昌本店」にてうなぎ創作料理コースのレポートをしてまいりました。1981年(昭和56年)創業のうなぎ料理専門店「川昌本店」埼玉県北葛飾郡松伏町金杉1511TEL.048-992-0123古い醤油蔵の材料を使い移築した建物内装などは先代が手掛けたという。うなぎ料理専門店「川昌本店」ホームページ現在、二代目となる飯塚料理長。重厚な梁のある店内。少人数個...

 23, 2016   4
Category  埼玉県

See More Details

Subscribe and get in touch

Read More

うなぎのまち岡谷「第9回寒の土用うなぎ祭り」

寒の土用丑の日を推進している「うなぎのまち岡谷」のPRイベントとして「第9回寒の土用うなぎ祭り」が2016年2月11日に開催された。祭りの目玉としては限定1200食のミニうな丼800円だ。岡谷市内の鰻屋さんが集結して、うな丼を実演販売する。しかもこの祭り限定のタレで焼き上げるというから気になるところだ。このタレ、各お店のタレをブレンドしているとのことだ。岡谷市総合体育館スワンドームに到着したのは午前九時、既に長蛇...

 23, 2016   0
Category  鰻の街岡谷

See More Details

Subscribe and get in touch

Read More

清水屋

清水屋旧中山道、宮原付近で気になっていたお店。店の前に"たれが違います"と大きく書いてある。敷地内の駐車場に車を置く。"たれが違います"と書かれた看板が取り付けられているのは古井戸だ。店内はカウンター4席、小上がり3卓純和風の日本料理やといった雰囲気。お一人様はカウンターへ案内される。カウンター越しには調理場が見える。メニューは、うな重(梅)2500円より。(竹)2700円、(松)3450円グレードによって鰻の大きさが違...

 23, 2016   0
Category  埼玉県

See More Details

Subscribe and get in touch

Read More

やきとり大八

やきとり大八中央線高円寺駅からメトロの新高円寺に向かって歩く。アーケードや商店街のあるなんともアットホームな街並み。いろいろなお店を見ながら歩くこと15分ほど。テイクアウト専門の小さな焼き鳥屋さんがある。焼き鳥は地鶏、ねぎま、つくね、とり皮をはじめ豚レバーやタン、砂肝など種類が豊富だ。どれも一本100円。そして、ショーケースの上段にはうなぎの蒲焼が850円とある。鰻の肝串は一本150円。これはちょっと買って...

 23, 2016   0
Category  東京都

See More Details

Subscribe and get in touch

Read More

林屋川魚店

林屋川魚店茅野出張の帰り道そろそろ高速に入ろうかと国道20号線を走っていると「林屋川魚店」がある。これは寄らねば。こちらの川魚店は「うなぎ林屋」さんの併設の売店。もともとはこちらの川魚店が創業元。創業は1893年(明治26年)だという。諏訪湖と言えばワカサギが代表的だ。ワカサギの甘露煮、唐揚げや鮒、鯉を扱うお店だ。ここで蒲焼一本をお土産にする。帰宅後、いつもトースター機能で焼き直す。これは、焼き過ぎないよう...

 23, 2016   0
Category  長野県

See More Details

Subscribe and get in touch

Read More

丸中清水屋

丸中清水屋茅野に出張。ここまできたら寄って行きたいうなぎ処岡谷。ご当地でもうな重をいただくのもよいが川魚店で購入してお持ち帰りして帰宅後の自宅で一杯飲みながらいただくというのも好きだ。今回は、丸中清水屋。釜口水門を茅野方面に行く途中の細い路地を入る。車一台分が通れるほどの道幅だ。店舗脇の駐車場にとめる。大きな生簀には鯉が入っている。その隣にはかごに入った活鰻。愛知豊橋と書かれた段ボールには3.3Pと書...

 23, 2016   0
Category  長野県

See More Details

Subscribe and get in touch

Read More

登三松 東銀座店

仕事柄、外出したときなどは昼飯を食べ損ねることがある。そんな時に限ってなぜか鰻が食べたくなったする。鰻屋さんで通し営業をしているお店は少ない。通し営業の登三松 東銀座店に行くことにする。木挽町通り、老舗の飲食店が集まる界隈だ。ビルの一階が店舗、店頭でうなぎ弁当がサービス弁当として1000円ほどで売られている。店内は9テーブル20席ほど。とっくにランチの時間帯は過ぎすでにおやつの時間帯なので他のお客様はなし...

 23, 2016   0
Category  東京都

See More Details

Subscribe and get in touch

Read More

いろは亭中野本店

うなぎ大好き管理人さんと行く中野うな串巡り旅「味治」「川二郎」と巡り三軒目は荻窪の「川勢」でもと話していたのだが時間的に難しい。二軒でいただいたキンミヤも効いてきたし。しかしまだ帰りたくない。「味治」に行く前に昭和新道で見つけた「いろは亭中野本店」ここにも寄りたい。お店のホームページによると30年になると書いてある。二十代後半、中野には仕事関係でよく訪れていたのだが、このお店の存在には気が付かなかっ...

 16, 2016   0
Category  東京都

See More Details

Subscribe and get in touch

Read More

川二郎

中野うな串巡り旅うなぎ大好き管理人さんと二軒目。「美味しんぼ80巻」でも取り上げられたうな串の人気店「川二郎」へ。席は空いているだろうか・・・。ずっと気になっていたお店だがなぜか行ったことが無かった。行こう行こうと思っているうちに「川二郎」閉店という情報が。「川二郎」は1968年(昭和43年)に創業。2008年に現「くりから」(中井)の店主が三代目として受け継ぎ川二郎二代目店主は現「味治」(中野)を姉妹店として開店...

 16, 2016   0
Category  東京都

See More Details

Subscribe and get in touch

Read More

味治(みはる)

中野うな串巡り旅。そして今回はゲストをお招きしての巡り旅。ゲストとは、あの老舗うなぎサイト大先輩の「うなぎ大好き」の管理人さん。自分も古くから鰻屋さん情報の収集ではたいへんお世話になっている。中野でうなぎの串焼きと言えば「味治」「川二郎」の二軒の人気店がある。今日は巡り旅なので、どちらも行きたい。さてどちらから行くのがよいか悩む。17時開店の「味治」から行くことにする。開店前に「うなぎ大好き」の管理...

 16, 2016   0
Category  東京都

See More Details

Subscribe and get in touch

Read More

うなぎ割烹仲勢

このあと、新越谷で用事がある。しかし待ち合わせ時間にはちょっと余裕がある。隣駅の蒲生駅からは徒歩3分ほどの「うなぎ割烹仲勢」に行ってみる。暖簾をくぐると入口右手に生簀がありフグが入っている。左手にはうなぎの生簀と立て場がある。店内は半個室の小上がり3卓とテーブル席3卓、三階までが客席となっているようだ。BGMは琴のサウンド、店主の対応もまろやかでなんだか落ち着く店内だ。メニューは宴会のコース料理をはじめ...

 15, 2016   0
Category  埼玉県

See More Details

Subscribe and get in touch

Read More

うなぎ今丁

東海道本線大森駅から歩くこと10分ほど。ちょうど京急の大森海岸駅との間あたりだ。昼時、うなぎ今丁に行く。白い暖簾をくぐるとカウンター10席、テーブル4卓ほどの店内。カウンターの内側が調理場。入口横には肉厚の白焼きが並べられている。メニューはランチ丼1150円より。うな丼(並)(大盛)(ダブル)(大盛・ダブル)が1550円から2900円で味噌汁と新香が付く。グレードで鰻の量が違う。一日7食限定のうな重は肝吸い付で3800円。短尺...

 12, 2016   0
Category  東京都

See More Details

Subscribe and get in touch

Read More

うなぎ活魚天ぷら八べえ

亀戸天神前の「うなぎ活魚天ぷら八べえ」でうなぎラーメンがあるという、どんなものなんだろうか?やっぱり好奇心が勝ってしまい、雨だというのに亀戸へ。お店は亀戸天神の参道、門前。天神さまにもお参りを済ませ、いざラーメン屋いや、うなぎ屋さんへ。店前にデリバリー用のバイクが二台止まっている宅配サービスをしているようだ。入口には鰻の入った生簀と写真付きのメニューがありちょっと確認うなぎラーメンがあった。店内は...

 12, 2016   2
Category  東京都

See More Details

Subscribe and get in touch

Read More

つく梅

西新宿の裏路地。新宿といってもちょっと細い路地を入れば、住宅街に迷い込むことができる。住宅街から空を見上げれば高層ビル。そんなちょっとおかしな風景がある。ごく普通の一戸建ての玄関に「つく梅」と書かれた看板と暖簾。その横にはごく普通のお宅の表札。その下にはお品書きと営業中の札。これは、インターホンを押して行くべきか悩む。静かに玄関を開けると、そこはリビング?店主と女将さんがラーメンを食べている。既に...

 06, 2016   0
Category  東京都

See More Details

Subscribe and get in touch

Read More

斉藤うなぎ店

さきほどの「斉藤うなぎ支店」で白焼きを購入後、いすみ市へ向かう。国道128号線に出る手前で「斉藤うなぎ店」がある。ここでも寄り道。店の敷地内に車を駐車。しかしお店の人がいないようだ。まあ、急ぐたびではない、ちょっと待ってみよう。待つこと5分ほどで、女将さんが仕入から帰ってきた。白焼きを・・・と。20分ほどかかりますよ。出来たら呼ぶので車の中で待っててくださいとのこと。さきほどの、斉藤うなぎ支店との関係は...

 03, 2016   0
Category  千葉県

See More Details

Subscribe and get in touch

Read More

斉藤うなぎ支店

養老温泉からいすみ市へ向かう。土地勘のなところはナビにお任せ。国道465号線を走っていたのだがいすみ鉄道国吉駅を過ぎたあたりを左折しろとナビが言う。左折をしてちょっと行ったところに「うなぎ」の文字が・・・。看板には「斉藤うなぎ支店」とある。これは寄らねば。店の横に車を駐車。お店の人が見えた、やっているようだ。店内は川魚の香り、棚に白焼きが見える。あら、あるじゃない。白焼きをいただきたいというといま出...

 03, 2016   0
Category  千葉県

See More Details

Subscribe and get in touch

Read More

小ノ孝

小ノ孝昼のみの営業という芝公園「小ノ孝」へ。都営三田線の芝公園駅、またはJR浜松町駅から歩いて10分ほど。高層マンションの一階が店舗なのだが重厚感のある入口にちょっと扉を開けづらい。店舗入り口には、昼限定のうな重定食の案内がある。「小ノ孝」は昼のみの営業、そのランチタイムにうな重定食が2000円でいただける。恐る恐る重厚感のあふれる扉を開ける。川魚の香りがする。店は一年前、2015年に開店したという。綺麗な...

 01, 2016   0
Category  東京都