うなぎのぼりブログ

日本のうなぎ食文化ってすごい。地域やお店によって夫々目指すべきうなぎ料理が違うのが魅力的。

See More Details

Subscribe and get in touch

Read More

八ツ目や にしむら目黒店

2015年6月再訪記八ツ目や にしむら目黒店実父母が旨い鰻を食べたいというのでにしむら目黒店に案内した。店頭で職人さんが焼く姿に活気を感じる。焼き場の横を通って店内へと入る。今回は二階の座敷席。瓶ビールに肝焼き。タレも濃すぎず、ほろにがの肝焼き。うな重定食(上)が登場。ボリューム感があるが、あっさり系のタレでくどくない蒲焼、タレ、ご飯、このバランスが職人の技術なのだろうと思うところだ。2014年9月記八ツ目や...

 29, 2015   2
Category  東京都

See More Details

Subscribe and get in touch

Read More

うなぎ食べ歩き 和孝

うなぎ食べ歩き 和孝うなぎは大好物である。昼食を食べ損なった・・・既に15:30、帰ってもうちょっとやることもある。こんな時は十条銀座に行くとなにかしらあるお持ち帰りの惣菜を物色しに行く。十条銀座の奥にうなぎ「和孝」がある。さすがにこの時間は、昼休み中だろう。遠くから見ると暖簾が出ている、あれ?やっているのか!!しかし店の前には準備中の札。ですよねえ。準備中の札の横には、大特売と朱色の文字。店頭には蒲焼...

 26, 2015   0
Category  東京都

See More Details

Subscribe and get in touch

Read More

西友のうなぎ弁当

FBのうなぎ愛好会グループの方から情報いただきました。西友のうなぎ弁当がリーズナブルでよいですとのこと。しかも、夕方以降の見切り品半額になってから購入するという徹底ぶり。さっそく、西友に行ってみる。うなぎ弁当680円税込で734円、これが半額になると・・・牛丼チェーンのうな丼は吉野家は750円、すき家は780円だったかな・・・うなぎの量的には、すき家以上吉野家未満といったところか・・・レンジでチンしてタレをかけ...

 26, 2015   2
Category  鰻弁当・駅弁

See More Details

Subscribe and get in touch

Read More

池之端 柏家

池之端 柏家上野動物園池之端門のあたの不忍通りを歩く。不忍通りから一本路地を入ると住宅街だこのあたりは寺社も多い。ちょっと懐かしい東京の下町の雰囲気。最寄駅は東京メトロの根津駅だろう。ここに1865年(慶応元年)創業「池之端 柏家」がある。鉄筋三階建てのお店の外壁には「そうだ鰻を食べに柏家にいこう」というキャッチフレーズが書かれている。入口の御品書きの隅には、「鰻特別危惧種」とある。なんだか面白そうなお店...

 25, 2015   2
Category  東京都

See More Details

Subscribe and get in touch

Read More

うな吉

うな吉志村坂下駅近くの商店街の中にある「うな吉」店の外観がなんともレトロで目をひく。入口の木製の引き戸には、すりガラスに「うなぎ」と彫ってある。店内はカウンター9席、小上がり8席ほど。カウンターの中では店主が炭火で焼いているレトロ居酒屋の雰囲気、炭の香りが漂う。メニューは、うな丼1400円より。うな重1700円、(上)1950円、(特上)2500円肝焼き、ひれ焼、バラ、レバー、短冊、かぶとなどうなぎ串が楽しめそうだ。こ...

 23, 2015   2
Category  東京都

See More Details

Subscribe and get in touch

Read More

蒲焼双川

蒲焼双川東京で蒸さない蒲焼のお持ち帰りがあるという。ある人からの情報だ。東京で蒸さない地焼とは珍しい、興味がある。都内での打ち合わせの帰りに戸越銀座に寄る。戸越銀座の交差点から大崎寄りに歩いて10分ほどの右手に蒲焼双川がある。戸越銀座商店街の端のあたりだ。いろいろなお店を眺めながら歩けば苦ではない。黄色に黒文字で双川とある。そこには、うなぎ・貝るいと書いてある。初老の店主と女将さんが店頭でお客さんの...

 15, 2015   1
Category  東京都

See More Details

Subscribe and get in touch

Read More

しらゆき

しらゆきうなぎ串が好きになったS氏と打ち合わせと言う名の飲みである。有楽町で待ち合わせ打ち合わせをしながら、新富町へ向かう。うなぎ串がある新富町の「しらゆき」へ。有楽町から歩くと30分ほど程よい散歩と、店に着くころには打ち合わせも終わる。店内はカウンター5席とテーブル3卓ほど。かなり照明が落とされた店内は和風バーといた雰囲気。散歩の後はやっぱり生ビールが飲みたくなる。生ビール琥珀ヱビスをお願いする。メ...

 11, 2015   0
Category  東京都

See More Details

Subscribe and get in touch

Read More

大阪にょろ散歩

大阪到着、こだま号で来ると時間はかかるが安い。前日に一仕事を終わらせ、この日は夜の打ち合わせまでフリー。スーパーのうなぎ売り場、関東と何かが違う?カブト頭付の長焼きを販売している。関東向けと関西向けと工程を変えるんだろうな。天五商店街を梅田方面に。店舗の前で小腹を満たす。こういうのいいね。昭和を感じるアーケード街だが元気に営業中。中崎町あたりになるのかな?古民家を改装したカフェが集まっている。わり...

 08, 2015   0
Category  にょろ散歩

See More Details

Subscribe and get in touch

Read More

浜松駅 自笑亭 うなぎめし

続いて浜松停車。1854年(安政元年)創業の自笑亭のうなぎめしをめざす。新幹線売店はやや名古屋寄りの4号車付近。停車と同時に数人が走っている、うなぎ弁当を買いに行く人のようだ。なんか出遅れた・・・。出遅れたため売店後方で並ぶ、新幹線発車しないか?あまりのんびり選んでいる時間もなく「うなぎめし」をゲット。うなぎ弁当(赤ワイン仕込)というのもあったのだがノーマルのうなぎめしにする。駅弁らしい掛け紙はないが、ほ...

 06, 2015   0
Category  鰻弁当・駅弁

See More Details

Subscribe and get in touch

Read More

三島駅 桃中軒 清流うなぎ弁当

大阪へ出張、お値段のお安い「こだま号」で行く。のぞみで行けばあっという間なのに、せっかくなので長旅を楽しもう。題して、「こだま号」で行く、各駅停車うなぎ駅弁の旅!各駅停車の新幹線は、のぞみやひかりに追い越されるため停車時間が3~5分程度ある。うなぎ処でうなぎ駅弁を楽しんでみようと思う。創業1891年(明治24年)の桃中軒さんのホームページ。乗車したこだまの三島駅到着時間は午前9時ちょっと前桃中軒さんのホーム...

 06, 2015   0
Category  鰻弁当・駅弁