うなぎのぼりブログ

日本のうなぎ食文化ってすごい。地域やお店によって夫々目指すべきうなぎ料理が違うのが魅力的。

古河のうなぎ屋さん

うなぎの街古河のうなぎ屋さん。※うなぎ屋さんレポート詳細記事へリンク。(順不同)・武蔵屋・料亭割烹和田家 茉鈴(マリン)...

 26, 2015   0
Category  鰻の街古河

See More Details

Subscribe and get in touch

Read More

古河の川魚料理を広める会

古河でうなぎ?初めて知ったのは、浦和のうなぎまつりでブース出展をしていた。どうにも気になり、古河商工会議所でお話を伺ってきた。古河市は利根川、渡良瀬川と水に恵まれた街だ。古くは城下町、水運を活用した商都として栄えてきた。川魚を食べる文化もあり、保存用として甘露煮にしたのだそうだ。これが古河の伝統的な川魚料理として今に残る。街中には甘露煮の専門店がいくつかあり鮒の甘露煮は古河の特産となっている。その...

 26, 2015   0
Category  鰻の街古河

See More Details

Subscribe and get in touch

Read More

福せん

福せん東京築地市場と言えば東京の台所、旨いものが集まる感じがする。じゃあ、うなぎはどうなのか?気になる築地のうなぎへ。築地市場には場内と場外がありたくさんの飲食店が並び国内外からの観光客がたくさん訪れている。今回は、築地市場場内6号館の「福せん」に行く。昼時、人気店には行列ができている。海外からの観光客も多い、海鮮系が人気のようだ。店内は左手の壁際にカウンター6席、右手の壁際にテーブル7席ほど細長く...

 25, 2015   0
Category  東京都

浦和のうなぎ屋さん

うなぎの街浦和のうなぎ屋さん。※うなぎ屋さんレポート詳細記事へリンク。(順不同)・うなぎ処古賀・はす沼・うなぎ大和田・幸楽園・萬店(まんだな)・谷田川本店・銀座大和田 浦和店・中村家・炭火の蒲焼 満寿家・うなぎ甲子屋(きのえねや)・うなぎ天婦羅 むさし乃・うなぎ しみず・うなぎ天婦羅 和香(わか)・山崎屋・小島屋・太田窪谷田川...

 17, 2015   0
Category  鰻の街浦和

うなぎの街 浦和

江戸時代沼地だった浦和界隈、当時は川魚などの釣り客で賑わっていたそうだ。その行楽の人たちに沼地で取れた鰻を出したところ、味が良いと評判になり、中山道を行き来する人々がわざわざ鰻を食べにくることもあったそうだ。現在では水郷地帯の面影を残すのは見沼地区くらいだろう。それでも当時の味を「浦和のうなぎを育てる会」によって現代に受け継いでいる。そして、浦和のうなぎは、さいたま市伝統産業にも指定されているんで...

 17, 2015   2
Category  鰻の街浦和

三島のうなぎ屋さん

うなぎの街三島のうなぎ屋さん。※うなぎ屋さんレポート詳細記事へリンク。(順不同)・三島駅 桃中軒 清流うなぎ弁当・元祖うなよし・桜家・うなぎすみの坊本町店(うなよし本町店)...

 17, 2015   0
Category  鰻の街三島

See More Details

Subscribe and get in touch

Read More

うなぎの街 三島

三島のうなぎについて三島商工会議所の方にお話を伺ってきた。>三島のうなぎ伝説三島の街は古くから水の都と言われている。富士山の雪解け水が湧き出し沢山の湧水に恵まれていることから水信仰があったという。その水神様は竜や大蛇、鰻などの魚の姿で祀られることもあるそうで、三嶋大社の神池にはたくさんの鰻が生息していたことから、鰻を三嶋大社の使者と崇められ社地内での捕獲は固く禁じらていた。1697年(元禄10年)の「本朝...

 17, 2015   0
Category  鰻の街三島

浜松のうなぎ屋さん

うなぎの街浜松のうなぎ屋さん。※うなぎ屋さんレポート詳細記事へリンク。(順不同)・浜松駅 自笑亭 うなぎめし・浜名湖うなぎ 丸浜・うなぎ割烹 康川・加和奈・かんたろう 蜆塚店・うなぎ家曳舟・うな修・うなぎ料理専門店 曳馬野・うなぎ八百徳本店・うなぎ料理専門店 あつみ・清水家・お食事処 里味・網元...

 17, 2015   0
Category  鰻の街浜松

See More Details

Subscribe and get in touch

Read More

鮒与

鮒与志村坂下の賑わいのある商店街からはちょっと離れたところに創業1975年(昭和50年)「鮒与」がある。一軒家住宅風の建物だが、暖簾が出ているので鰻屋だと分かる。本蓮沼の鮒与(鮒與)が本店のようだがその関係は今後調べてみたいところだ。店内はカウンター5席、テーブル1卓、小上がり12席ほど。初老の夫婦が営んでいる。カウンターの下には文庫本本棚には絵本などが置いてある。なるほど、時間がかかるための気遣いのようだ。メ...

 12, 2015   0
Category  東京都

See More Details

Subscribe and get in touch

Read More

川魚料理 魚玉

川魚料理 魚玉夕方、館林の茂林寺付近の魚玉へ行く。駐車場は店横の側道。かなり店舗の敷地は広いようだ。店内はテーブル4卓、小上がり4卓ほど。純和風の店内。メニューは、うな丼(小)900円より、半身の蒲焼。うな丼(並)1600円、(上)2100円。うな重(並)2100円、(上)2600円。本日は(並)がないとのこと、鰻の大きさの違いのようだ。他には、天丼、鯉のあらい、蒲焼、鯉の天ぷらなど。うな重(上)をお願いする。待っている間に、お持ち...

 10, 2015   0
Category  群馬県

See More Details

Subscribe and get in touch

Read More

あつた蓬莱軒本店

あつた蓬莱軒本店名古屋と言えば「ひつまぶし」「ひつまぶし」と言えば創業1873年(明治6年)のあつた蓬莱軒。ひつまぶし発祥の店のひとつと言われている。そして「ひつまぶし」はあつた蓬莱軒の登録商標となっている。あつた蓬莱軒は熱田区神戸町の本店をはじめ神宮店、松坂屋名古屋店と3店舗ある。以前、松坂屋名古屋店には行ったことがあるがやはり、歴史ある熱田区の本店に行ってみたいところ。このあたりは、東海道53次41番目の...

 06, 2015   0
Category  愛知県

See More Details

Subscribe and get in touch

Read More

いば昇

いば昇名古屋の街を散策しながら錦へ。錦3丁目界隈、錦三(きんさん)名古屋の歓楽街だ。この一角に、創業1909年(明治42)の「いば昇」がある。ひつまぶしの発祥の店のひとつと言われている。13;00頃、お店に到着、木造二階建ての老舗らしい外観どうやら満席らしい、5分ほど待ったが、割烹着姿の仲居さんに奥の座敷席に案内してもらう。ちょっとした中庭の見える、お座敷部屋。純和風の店内で雰囲気も良い。メニューはシンプル、丼205...

 06, 2015   0
Category  愛知県

See More Details

Subscribe and get in touch

Read More

うなぎ食べ歩き うなむすび 結

皆様、ゴールデンウイークいかがお過ごしでしょうか?うなぎ食べ歩き うなむすび 結うなぎは大好物である。春になると鎌倉方面に行きたくなる。生しらす丼も食べたくなる。そうはいっても土日は大混雑する鎌倉江の島。江の島散策後に江ノ電江ノ島駅に向かう途中藤沢・江の島散策中に発見した移動販売。「うなぎむすび・結」と書いてある。通常は、江ノ電藤沢駅改札前の「江ノ電の珈琲屋さん」で販売されているようだ。「うなむすび...

 04, 2015   0
Category  神奈川県

See More Details

Subscribe and get in touch

Read More

クセになる!「うなぎのしゃれこうべ」

うなぎ関係でいろいろ大変お世話になっているT様よりいただきました。ありがとうございます。「うなぎのしゃれこうべ」宮城県仙台市の竹亭(ちくてい)本店の店頭で販売しているのだそうだ。「うなぎのしゃれこうべ」うなぎの頭を素揚げにしたものだ。さて、さっそくお味見。うなぎの頭の骨っぽいコリコリ感は全くなく超サクサクによく揚げてある。ちょっとした鰻の風味もあり塩味も程よく、油の酸化した臭みもない。これは、旨い。...

 03, 2015   0
Category  いろいろな鰻

See More Details

Subscribe and get in touch

Read More

東京竹葉亭 名古屋店

東京竹葉亭 名古屋店まもなく名古屋を離れる。JRセントラルタワーズの中でお土産でも思う。12階のレストラン街に東京竹葉亭があるのか名古屋風地焼の土地で関東風の蒲焼を出しているのか?とちょっと疑問がわいている。エレベーターに乗り、12階へ。あと、10分ほどで夜の営業の開店時間だ。店の前のメニューなどに目をとおす。うな丼やひつまぶし、なるほど名古屋だからね。ここで面白いのが江戸前風と名古屋風が選べるようだ。江...

 03, 2015   0
Category  愛知県

See More Details

Subscribe and get in touch

Read More

うな富士

うな富士名古屋へ出張。ここに来たら食べたい地焼のうな丼。名古屋駅から地下鉄桜通線に乗り丸の内で鶴舞線に乗り換え鶴舞駅から歩いて13分ほどの「うな富士」へ。実は知人からおススメされたのが「うな富士」。ビルの一階、店内はテーブル席40席ほどか。開店時間は11時、今は11時10分だが、すでにお客さんが入っている。ブラウンと白の和風モダンの落ち着いた店内だ。メニューは、うなぎ丼3400円より、上うなぎ丼4320円。ひつまぶ...

 01, 2015   0
Category  愛知県