うなぎのぼりブログ

日本のうなぎ食文化ってすごいかもしれない。気の向くままにうなぎ散歩。

See More Details

Subscribe and get in touch

Read More

丸静

築地場外を散策し、晴海通り築地6丁目。オフィス街の昼食時である。とんかつかつ平では店の外に行列ができている。その脇の路地の奥にあるのがうなぎ丸静。店内にはカウンター6席、テーブル2卓。カウンター席が一つだけ空いていた。決して広くはない、カウンター席も狭く、お隣さんと譲り合いだ。カウンター越しに店主を間近に見ながら、メニューをさがす。背中越しの壁にメニューが貼ってある。うな重のグレードは漢字一文字で表...

 22, 2009   0
Category  東京都

See More Details

Subscribe and get in touch

Read More

はいばら

築地場外に立ち寄りブラブラする。観光地色が強い。国内三河鰻咲使用・・と店先に大きく書かれたうなぎはいばらを発見。うなぎはいばら築地二号店である。一号店は近所でこちらは売店のみ。店内はわりと広い。テーブルにはセルフのお茶ポットがある。3500円で鰻がダブルだそうだ。うな重松2200円を注文。待つこと5分、うな重登場。東京のひとは、せっかちなのかねえ・・・・。皮は柔らか、身は少々厚め、ねっとり感があり柔らか。...

 22, 2009   0
Category  東京都

See More Details

Subscribe and get in touch

Read More

久々一人休日ブラブラ

少々時間ができてきた。年明けから、なんだかんだ忙しくしちゃったなあ。ロクに自転車にも乗っていなかったので、足腰はギシギシだ。自転車再開のためにも歩いて準備運動でもすることにする。天気もいいので都心にブラブラすることにした。日比谷線築地駅に降りてみる。地下鉄の出口をでると、どうも方向感覚が鈍るのですよ。出発するときには晴れていたのに、ちょっと雲が出てきた。築地本願寺前を通過。それにしても独特な建物。...

 22, 2009   0
Category  にょろ散歩

See More Details

Subscribe and get in touch

Read More

小室屋

昼飯を食べに行く。幼稚園への送り迎えでたまに通る道にあった鰻を思い出した。大宮駅から北銀方面へ、大栄橋下を抜けた左側にある。店内は、テーブル5卓、座敷もあるようだ。綺麗な内装で、女性客一人でも入りやすそうだ。春の汗ばむような陽気だ。冷たいお茶か暖かいお茶か聞いてくれる。暑がりの自分としては嬉しい気づかいだ。土曜の13:00過ぎだが、お客さんが次々と入ってくる。ランチタイムのうな重950円がお目当てのようだ...

 18, 2009   0
Category  埼玉県

See More Details

Subscribe and get in touch

Read More

鰻八

出先からの帰宅途中で夜の食事処を探す。伊奈中央にある鰻八へ行く。駐車場は店舗から少々離れているが5台程度駐車可能だ。店内は、カウンター3席、小上がり2卓。小ぢんまりとした夫婦営むうなぎ屋さんだ。メニューは並1200円・上1550円・特2200円グレードでうなぎの量が違うのだそうだ。他には酒の肴系の単品メニューと天婦羅もあり。なまずの天丼なんていうのがあった。待つこと25分、うな重登場。皮は柔らか、身は普通の厚さだ...

 17, 2009   0
Category  埼玉県

See More Details

Subscribe and get in touch

Read More

うなぎ割烹山田

海を見に行く途中、せっかくだから佐原を経由。このうなぎ割烹山田が目当てだ。開店前に到着したので、佐原の街を散策。観光案内のおばちゃんによると、川越市とは仲がいいのだそうだ。散策の途中もう一軒うなぎ屋を発見・・・こちらはまたの機会にする。11:00、ほぼ開店と同時に店に入る。既に先客がいるのね・・・・。テーブル3卓、小上がり2卓11:15分には満席だ。メニューには”じか重”と”うな重”がある、違いは、じか重は、ご...

 07, 2009   0
Category  千葉県

See More Details

Subscribe and get in touch

Read More

あぶり珈琲

喫茶店もたくさんある中、あえてピックアップ。川越にある喫茶店あぶり珈琲。川越時の鐘付近の路地を入ったところにあり、人通りも少ない。あぶり・・・フランス語で隠れ家ということらしい。ローストとかけているとのこと。まさに隠れ家にふさわしい立地と内装のインテリア。なんとも落ち着くのだ。コーヒーも普通の喫茶店だと、モカ・キリマンジャロ・ブルーマウンテンといった豆のブレンドで選ぶところが多いが、こちらはロース...

 02, 2009   0

See More Details

Subscribe and get in touch

Read More

小川藤(おがとう)

ちょうど昼飯時。場所は川越。車なので川越中心部は避けようと思ったが、うなぎ小川藤の店舗前のコインパーキングを発見。本日の昼食は、川越の老舗うなぎ屋、小川藤にする。店名の読み方は(おがとう)なんだそうだ。漢字が苦手な私は(おがふじ)なんて読んでしまいそうだ。小江戸川越にふさわしい店構え。この気取らないところがいいねえ。店内は、テーブル4卓、小上がり1卓、壁は煤でテカリがいい味を出している。大正12年に...

 02, 2009   0
Category  埼玉県