うなぎのぼりブログ

日本のうなぎ食文化ってすごい。地域やお店によって夫々目指すべきうなぎ料理が違うのが魅力的。

See More Details

Subscribe and get in touch

Read More

うなぎ肝の佃煮

うなぎの肝佃煮瓶詰(株式会社 共栄商会 浜松)新東名高速 遠州森町パーキングエリアで購入。佃煮というと甘辛く濃い味というイメージだがこちらは、あっさりした甘めのタレで仕上げられている。内容量は70グラム。2~3回の晩酌で楽しめそうだ。...

 29, 2014   0
Category  鰻の缶詰

See More Details

Subscribe and get in touch

Read More

うなぎ缶詰「日式風蒲焼鰻」

うなぎ缶詰「日式風蒲焼鰻」 日式風とは日本風ということのようだ。色は一番蒲焼に近いかもしれない。骨付きの身で骨はサケの中骨のように柔らかい。甘いような辛いようないままでの缶詰とはかなり中途半端なお味。味の薄いさんまの缶詰といった感じだろうか。全体的に甘い。原材料は、海鰻、沙拉油、糖、鹽、醤油沙拉油とはサラダ油のこと。Rさんにいただきました台湾の鰻の缶詰4種、興味深くいただきました。ところ変わればお味...

 20, 2014   11
Category  鰻の缶詰

See More Details

Subscribe and get in touch

Read More

うなぎ缶詰「特選焼鰻」

うなぎ缶詰「特選焼鰻」やや赤みがかった身骨付きの身で骨はサケの中骨のように柔らかい。これは、さんまの蒲焼の味に近いだろうか?しかしやはり甘い、後からあの辛みがやってくる。あの独特な風味は抑えられている。原材料は、海鰻、糖、醤油、鹽、辣椒辣椒=唐辛子、鹽=塩...

 20, 2014   0
Category  鰻の缶詰

See More Details

Subscribe and get in touch

Read More

うなぎ缶詰「紅焼鰻」

うなぎ缶詰「紅焼鰻」骨付きの身、骨はサケの中骨のように柔らかい。身はパサついた感じ、タレははちみつのような甘さと後からじわじわくる辛さ独特な風味があり濃いめの味。原材料は、海鰻、糖、植物油、調理料、醤油調味料はナンプラーなのか・・・?...

 20, 2014   0
Category  鰻の缶詰

See More Details

Subscribe and get in touch

Read More

うなぎ缶詰「焼鰻(野生海鰻)」

うなぎ缶詰「焼鰻(野生海鰻)」骨付きの身、骨は柔らかい。身はぽそぽそ、ぱさぱさ感がありタレは、甘く、後からじわじわくる甘さと辛さ魚醤系の風味なのか独特なお味なのでございます。...

 20, 2014   0
Category  鰻の缶詰

See More Details

Subscribe and get in touch

Read More

台湾の鰻の缶詰をいただきました。

2014.06.26 Thuのうなぎ肝缶の記事でRさんよりコメントにて、教えていただいた台湾の鰻缶詰、なんとRさんの食糧庫よりいただきました。左1番目:特選焼鰻 同榮賓業(宜蘭) 左2番目:紅焼鰻 味全食品(台北) 右上:日式風蒲焼鰻 活賓食品(宜蘭) 右下:焼鰻(野生海鰻) 陸育企業(宜蘭) なんだか、開けるのが惜しくてまだ食してはいないのですが実食レポートもする予定です。お酒のお供としていただくことになりそうです...

 22, 2014   6
Category  鰻の缶詰

See More Details

Subscribe and get in touch

Read More

うなぎ肝缶

鰻の缶詰はないものかいろいろ調べていたのだが2012年くらいまでは浜名湖食品と明治屋でうなぎの蒲焼缶詰をを販売していたらしい。残念ながら今は手に入れることができないようだ。それでも、ちょっと面白い店を見つけた。全国展開しているmr.kanso(ミスターカンソ)という缶詰で一杯やるというお店。こちらはmr.kanso(ミスターカンソ)川越店、昼間からオープンしている。なかなかお洒落な店内、夜には照明も落とされバーのような雰...

 26, 2014   4
Category  鰻の缶詰