うなぎのぼりブログ

日本のうなぎ食文化ってすごいかもしれない。気の向くままにうなぎ散歩。

See More Details

Subscribe and get in touch

Read More

東京・赤坂 重箱

とある会合で「重箱」八代目店主大谷さんとお会いする機会があった。ちょうど夫婦の記念日が近いこともありお昼の時間に予約をして行くことにする。お中食、お夕食ともにコースのみの提供。東京・赤坂「重箱」創業は文化・文政期というから1800年代のころで徳川家斎時代の重商主義により再び町人文化が繁栄したころだ。「家事息子」(久保田万太郎著)では「重箱」がモデルとなっていて「重箱」のウェブサイトでも紹介されている。ht...

 21, 2017   0
Category  東京都

See More Details

Subscribe and get in touch

Read More

入谷鬼子母神前 のだや

入谷鬼子母神門前のだやさんの移転再開業4周年記念特別メニューとして「かねみつうな太郎御膳」を出すという。しかも2月14・15日の二日間の限定というから是非に行っておきたい。「のだや」さんというとテレビなどでも多数紹介されているあるときだけの裏メニュー、蒲焼の周りに「肝焼き」と「う巻き」がのる「きょうすいうな太郎」は有名なところ。今回は、同じく裏メニュである「かねみつうな太郎・大」に三河一色産「匠の鰻・か...

 17, 2017   0
Category  東京都

See More Details

Subscribe and get in touch

Read More

瓢六亭 南平台

際コーポレーションが展開する鰻店。2015年11月に渋谷南平台にオープン。際グループとしてはこれが初の鰻展開ではない東村山の草門去来荘で鰻とうどんの店があり、瓢六亭としては瓢六亭甲府が一店舗目。瓢六亭南平台は二店舗目となる。ホームページ内には地焼鰻が自慢の「瓢六亭 南平台」とあり、関東では珍しい蒸さない地焼鰻を食べられるようだ。これは気になるところだ。最寄駅は京王神泉駅なのだが、渋谷駅から歩いても12分ほ...

 12, 2016   0
Category  東京都

See More Details

Subscribe and get in touch

Read More

八べえ2

うなぎラーメンの新作が出来たという。今回は鰻友「うなぎ大好き」管理人さんをお誘いして夜の部へ。鰻肝焼き、鰻兜焼。程よく蒸されて柔らかい鰻兜焼。スカツリーのジョッキで一杯。夏季限定の鰻冷しゃぶ。ねぎポン酢でいただく。プリプリの食感と鰻の旨味。これはクセになる。鰻の皮も一緒にしゃぶしゃぶにしているところが、濃厚感をだすようだ。これにはまって、いくつもお代わりをした人もいるとか・・・たしかにこれはハマる...

 29, 2016   0
Category  東京都

See More Details

Subscribe and get in touch

Read More

行田屋2

浮間舟渡の「行田屋」さん何年振りだろうか・・・過去のブログ記事を見返すと2008年3月8年ぶりか・・・。たまたまツイッターであれ?もしかしてという思いから、どうにも気になってしまった。この行田屋さんのうなぎを食べてうなぎ蒲焼の不思議な魅力にはまることになったんだったなあ・・・。というのは、当時二代目店主から「うちのは、蒸さないんですよ。」と聞いていたことだけがひっかかっていた。蒸さないとは関西風なのか?...

 19, 2016   0
Category  東京都

See More Details

Subscribe and get in touch

Read More

うなぎ・季節料理「藤乃」

先月(2016年2月)の鰻福会×うなぎ愛好会の親睦会にて対面で席をご一緒させていただいたのが東京都小平市の「藤乃」の店主である藤野さん。鰻屋さんが集まる会合の中、とても熱心に他の鰻屋さんに技術的な話を聞いていたのが印象的だった。そして、私たち素人にも分かりやすく教えてくれた。お客様に、「もっといいものを出したい」を追及したいのだそうだ。その時、動画でうな丼が出来るまでを撮らせていただけないかとお願いをして...

 19, 2016   0
Category  東京都

See More Details

Subscribe and get in touch

Read More

鰻のまこと

鰻のまこと1928年(昭和3年)、現練馬区南大泉にて初代「割烹初音」として創業。1959年(昭和34年)より現西東京市ひばりヶ丘に移転し「鰻のまこと」として現在では三代目店主(辻木健さん)が営業をしている。20数年前まで店内飲食も行っていたのだが、地域柄、家族で食べるお客様が多く、鰻蒲焼を身近な物にしたい、極力食べやすい価格で提供したい。という想いから手の届く範囲のお持ち帰り専門店にしたのだそうだ。「鰻のまこと」ホ...

 17, 2016   0
Category  東京都

See More Details

Subscribe and get in touch

Read More

やきとり大八

やきとり大八中央線高円寺駅からメトロの新高円寺に向かって歩く。アーケードや商店街のあるなんともアットホームな街並み。いろいろなお店を見ながら歩くこと15分ほど。テイクアウト専門の小さな焼き鳥屋さんがある。焼き鳥は地鶏、ねぎま、つくね、とり皮をはじめ豚レバーやタン、砂肝など種類が豊富だ。どれも一本100円。そして、ショーケースの上段にはうなぎの蒲焼が850円とある。鰻の肝串は一本150円。これはちょっと買って...

 23, 2016   0
Category  東京都

See More Details

Subscribe and get in touch

Read More

登三松 東銀座店

仕事柄、外出したときなどは昼飯を食べ損ねることがある。そんな時に限ってなぜか鰻が食べたくなったする。鰻屋さんで通し営業をしているお店は少ない。通し営業の登三松 東銀座店に行くことにする。木挽町通り、老舗の飲食店が集まる界隈だ。ビルの一階が店舗、店頭でうなぎ弁当がサービス弁当として1000円ほどで売られている。店内は9テーブル20席ほど。とっくにランチの時間帯は過ぎすでにおやつの時間帯なので他のお客様はなし...

 23, 2016   0
Category  東京都

See More Details

Subscribe and get in touch

Read More

いろは亭中野本店

うなぎ大好き管理人さんと行く中野うな串巡り旅「味治」「川二郎」と巡り三軒目は荻窪の「川勢」でもと話していたのだが時間的に難しい。二軒でいただいたキンミヤも効いてきたし。しかしまだ帰りたくない。「味治」に行く前に昭和新道で見つけた「いろは亭中野本店」ここにも寄りたい。お店のホームページによると30年になると書いてある。二十代後半、中野には仕事関係でよく訪れていたのだが、このお店の存在には気が付かなかっ...

 16, 2016   0
Category  東京都

See More Details

Subscribe and get in touch

Read More

川二郎

中野うな串巡り旅うなぎ大好き管理人さんと二軒目。「美味しんぼ80巻」でも取り上げられたうな串の人気店「川二郎」へ。席は空いているだろうか・・・。ずっと気になっていたお店だがなぜか行ったことが無かった。行こう行こうと思っているうちに「川二郎」閉店という情報が。「川二郎」は1968年(昭和43年)に創業。2008年に現「くりから」(中井)の店主が三代目として受け継ぎ川二郎二代目店主は現「味治」(中野)を姉妹店として開店...

 16, 2016   0
Category  東京都

See More Details

Subscribe and get in touch

Read More

味治(みはる)

中野うな串巡り旅。そして今回はゲストをお招きしての巡り旅。ゲストとは、あの老舗うなぎサイト大先輩の「うなぎ大好き」の管理人さん。自分も古くから鰻屋さん情報の収集ではたいへんお世話になっている。中野でうなぎの串焼きと言えば「味治」「川二郎」の二軒の人気店がある。今日は巡り旅なので、どちらも行きたい。さてどちらから行くのがよいか悩む。17時開店の「味治」から行くことにする。開店前に「うなぎ大好き」の管理...

 16, 2016   0
Category  東京都

See More Details

Subscribe and get in touch

Read More

うなぎ今丁

東海道本線大森駅から歩くこと10分ほど。ちょうど京急の大森海岸駅との間あたりだ。昼時、うなぎ今丁に行く。白い暖簾をくぐるとカウンター10席、テーブル4卓ほどの店内。カウンターの内側が調理場。入口横には肉厚の白焼きが並べられている。メニューはランチ丼1150円より。うな丼(並)(大盛)(ダブル)(大盛・ダブル)が1550円から2900円で味噌汁と新香が付く。グレードで鰻の量が違う。一日7食限定のうな重は肝吸い付で3800円。短尺...

 12, 2016   0
Category  東京都

See More Details

Subscribe and get in touch

Read More

うなぎ活魚天ぷら八べえ

亀戸天神前の「うなぎ活魚天ぷら八べえ」でうなぎラーメンがあるという、どんなものなんだろうか?やっぱり好奇心が勝ってしまい、雨だというのに亀戸へ。お店は亀戸天神の参道、門前。天神さまにもお参りを済ませ、いざラーメン屋いや、うなぎ屋さんへ。店前にデリバリー用のバイクが二台止まっている宅配サービスをしているようだ。入口には鰻の入った生簀と写真付きのメニューがありちょっと確認うなぎラーメンがあった。店内は...

 12, 2016   2
Category  東京都

See More Details

Subscribe and get in touch

Read More

つく梅

西新宿の裏路地。新宿といってもちょっと細い路地を入れば、住宅街に迷い込むことができる。住宅街から空を見上げれば高層ビル。そんなちょっとおかしな風景がある。ごく普通の一戸建ての玄関に「つく梅」と書かれた看板と暖簾。その横にはごく普通のお宅の表札。その下にはお品書きと営業中の札。これは、インターホンを押して行くべきか悩む。静かに玄関を開けると、そこはリビング?店主と女将さんがラーメンを食べている。既に...

 06, 2016   0
Category  東京都

See More Details

Subscribe and get in touch

Read More

小ノ孝

小ノ孝昼のみの営業という芝公園「小ノ孝」へ。都営三田線の芝公園駅、またはJR浜松町駅から歩いて10分ほど。高層マンションの一階が店舗なのだが重厚感のある入口にちょっと扉を開けづらい。店舗入り口には、昼限定のうな重定食の案内がある。「小ノ孝」は昼のみの営業、そのランチタイムにうな重定食が2000円でいただける。恐る恐る重厚感のあふれる扉を開ける。川魚の香りがする。店は一年前、2015年に開店したという。綺麗な...

 01, 2016   0
Category  東京都

See More Details

Subscribe and get in touch

Read More

大和田渋谷

2016年1月再訪記大和田渋谷渋谷の喧騒のなか静かな空間でいただける大和田渋谷。和室の座敷個室のみの店内はとても落ち着く。うなぎのぼりの動画コンテンツ企画「うな女が行く」の打ち合わせより。うなぎのぼりの動画コンテンツ企画はこちら「うな女が行く」接待や打ち合わせに重宝する「うなぎ大和田渋谷」なのでございます。2013年4月記うなぎ食べ歩き 大和田渋谷うなぎは大好物である。東急百貨店本店のちょっと先、松濤郵便局...

 22, 2016   0
Category  東京都

See More Details

Subscribe and get in touch

Read More

うな鐵将日暮里

うな鐵将日暮里鰻仲間に、うな串行きましょうとお誘いいただき夕方に日暮里駅で待ち合わせすることに。しかし自分は何を勘違いしたのか西日暮里で待っていた。待ち合わせ時間に、改札前にいますがどこにいますか?というメールに自分も改札前にいますが、と返す。しかしお互いに見つかるわけもなく・・・しばらくのメールのやりとりの後、やっと自分のまぬけな勘違いに気が付く。そんな間抜けな勘違いで始まったうな串飲み日暮里駅...

 21, 2016   2
Category  東京都

See More Details

Subscribe and get in touch

Read More

青砥焼いづみ

青砥焼いづみ京成線青砥駅北口から徒歩5分ほどのところに「青砥焼いづみ」がある店の外観はダークレトロな高級店的な店構え。暖簾をくぐるとさらにシックな内装に照明が落とされた重厚な雰囲気。BGMにはヒーリング系が静かに流れる。テーブルは6卓ほど、店の奥には座敷個室もあり。メニューは3分の1の鰻がのる、うな丼(中)から一人前の並、上、特上などなどバリエーションが豊富。鰻の量と大きさによってグレードが変わる。他には...

 20, 2016   0
Category  東京都

See More Details

Subscribe and get in touch

Read More

あやめ

あやめ半蔵門線清澄白河駅から徒歩で7分ほど深川江戸資料館などもあるところだ。すでにお昼時のピークは過ぎているうなぎと書かれている年期の入った暖簾をくぐるとカウンター7席、店内奥には座敷席がある。二人の大将が迎えてくれる。黒光りする店内の壁板には時の流れを感じる。綺麗に保たれたカウンター席、店を大事に使っている感じが伝わる。メニューは壁にかけられた札に書かれていて、うな重(並)2050円、うな重(上)2700円と...

 08, 2016   0
Category  東京都

See More Details

Subscribe and get in touch

Read More

川亀

常磐線亀有駅で下車。南口にある金の両さんを拝んで商店街へ。商店街に入って50メートルほど入った右手に「川亀」がある。亀有というと下町感が残るアットホームタウンな雰囲気。駅前にはイトーヨーカ堂もあるが商店街の惣菜屋などは人で賑わっている。店舗前面には大型のショーケース下段にはこんぶ、あさり雑魚などの佃煮。上段には鰻の蒲焼。あれ、ヒレ巻がある、これは珍しい。ショーケースを眺めていると店主が笑顔で声をかけ...

 24, 2015   0
Category  東京都

See More Details

Subscribe and get in touch

Read More

入谷鬼子母神門前のだや~FB七千「いいね」謝恩コース

2013年2月の再オープン以来、人気がうなぎのぼりの入谷鬼子母神門前のだや。テレビなどのメディアでも取り上げられることも多い。そしてフェイスブックやツイッターといったSNSで情報を受けることも増えてきた。そのフェイスブックで「のだや」さんへの「いいね」が七千に達したという、ものすごい人気ぶりだ。当サイトでも、「うなぎ愛好会」としてフェイスブックページを運営しており、うなぎ好きな方々と情報交換をしている。今...

 14, 2015   0
Category  東京都

See More Details

Subscribe and get in touch

Read More

新宿うな鐡

新宿うな鐡実は二軒目、歌舞伎町の鰻将本店の後だ。この友人もかなり鰻串に魅せられたようだ。そして同じく歌舞伎町の新宿うな鐡へ。「うな鐡」の屋号はよく見かけるところだが浅草うな鐡と池袋うな鐡も別の経営であり創業1962年(昭和37年)新宿のうな鐡も別の経営とのこと。店に入口には赤提灯ならぬ白提灯が印象的。店内は1階はカウンター席と奥にテーブル席二階には大広間座敷席。多くのお客さんで賑やかだ。カウンター上の冷蔵...

 28, 2015   0
Category  東京都

See More Details

Subscribe and get in touch

Read More

鰻将本店

鰻将本店やっぱり鰻串はいい。またまた鰻串飲みに魅了された友人とともに新宿歌舞伎町、新宿区役所のの並びにある鰻将本店へ。鰻吟総本店から鰻将本店と店名を替えるがレタスしゃぶしゃぶは健在。店の入り口はビルの奥になるが通り沿いに看板などが出ているので分かりやすい。店内はカウンター席とテーブル席。和風居酒屋な雰囲気だ。とりあえず、生ビール。お通しにはネギたっぷりの冷奴。メニューは鰻の串焼きはもちろんうざく、...

 16, 2015   0
Category  東京都

See More Details

Subscribe and get in touch

Read More

渋谷松川本店

渋谷松川本店渋谷スクランブル交差点にある鰻屋「渋谷松川本店」1951年(昭和26年)の創業、渋谷の駅前にはまだ高層ビルが無かったころだ。直営支店として東急東横店があり姉妹店として「ひょっとこや」がある。夕方のスクランブル交差点は人が多い。暖簾をくぐるために人にぶつからないように気を付ける。店内は細長い、鰻の寝床のようだ。内装はブラックと抹茶グリーンの和風モダン。1階はテーブル6卓ほど、2階には個室もあるよう...

 14, 2015   0
Category  東京都

See More Details

Subscribe and get in touch

Read More

入谷鬼子母神門前のだや

入谷鬼子母神門前のだや朝顔市で有名な入谷の鬼子母神。「のだや」はテレビや雑誌などでも多数取り上げられている。川魚を主とする日本料理調理のスペシャリストの団体「野田屋東庖会」が前身。1868年(明治元)創業のうなぎ職人を中心とした調理師会「野田屋東庖会」1978年(昭和53年)「野田屋東庖会」の直営店を「のだや」の屋号で根岸に開業、一時休業の後、2013年2月入谷鬼子母神門前にて再開業した。最寄はメトロ日比谷線入谷...

 10, 2015   0
Category  東京都

See More Details

Subscribe and get in touch

Read More

うな串九三郎(五反田店)

うな串九三郎(五反田店)2015年6月、五反田に新しい店ができた。鰻の串焼きで一杯飲める店「うな串九三郎」母体は株式会社93コーポレーション、本社は渋谷だがオーナーが名古屋出身とのこと。蒸さずに炭火で焼き上げた関西風が売りのようだ。今後は店舗数も増やしていたいとのこと。五反田駅西口から歩くこと五分ほど。店内は左手にカウンター10席ほどと右手には簡易的な丸テーブル席が二卓。カウンターの中は調理場で壁面にはカラ...

 09, 2015   0
Category  東京都

See More Details

Subscribe and get in touch

Read More

八ツ目や にしむら 巣鴨店

八ツ目や にしむら 巣鴨店巣鴨とげぬき地蔵があり賑わう商店街「巣鴨地蔵通商店街」。「赤いパンツ」を売っている、これはテレビで見たことはあったが実際に見たのは初めてだ。けっこうお客さんが入っている。本日は巣鴨とげぬき地蔵近くの創業1926年(大正15年)、現在は三代目となる「八ツ目や にしむら 巣鴨店」へ行く。目黒不動尊近くにあるのは1960年(昭和35年)開店の目黒店だ。2005年(平成17年)に完成したという自社ビル。その...

 29, 2015   2
Category  東京都

See More Details

Subscribe and get in touch

Read More

うなぎのお宿

うなぎのお宿10年ぶりとなる友人と会う、夕方新橋で待ち合わせ。この方もウナギ好きだという、かといって食事系という気分でもないので一杯ややりながら、うなぎを楽しみたい。そんな時は、うなぎ居酒屋が重宝する。うなぎのいろいろな部位を串焼きで楽しませてくれる店だ。新橋駅からは歩いて7分ほどの駿河淡水の直営の「うなぎのお宿」へ行くことにする。駿河淡水株式会社とは大井川河口の静岡県は吉田町で鰻の卸売と加工をして...

 21, 2015   0
Category  東京都

See More Details

Subscribe and get in touch

Read More

八ツ目や にしむら目黒店

2015年6月再訪記八ツ目や にしむら目黒店実父母が旨い鰻を食べたいというのでにしむら目黒店に案内した。店頭で職人さんが焼く姿に活気を感じる。焼き場の横を通って店内へと入る。今回は二階の座敷席。瓶ビールに肝焼き。タレも濃すぎず、ほろにがの肝焼き。うな重定食(上)が登場。ボリューム感があるが、あっさり系のタレでくどくない蒲焼、タレ、ご飯、このバランスが職人の技術なのだろうと思うところだ。2014年9月記八ツ目や...

 29, 2015   2
Category  東京都

See More Details

Subscribe and get in touch

Read More

うなぎ食べ歩き 和孝

うなぎ食べ歩き 和孝うなぎは大好物である。昼食を食べ損なった・・・既に15:30、帰ってもうちょっとやることもある。こんな時は十条銀座に行くとなにかしらあるお持ち帰りの惣菜を物色しに行く。十条銀座の奥にうなぎ「和孝」がある。さすがにこの時間は、昼休み中だろう。遠くから見ると暖簾が出ている、あれ?やっているのか!!しかし店の前には準備中の札。ですよねえ。準備中の札の横には、大特売と朱色の文字。店頭には蒲焼...

 26, 2015   0
Category  東京都

See More Details

Subscribe and get in touch

Read More

池之端 柏家

池之端 柏家上野動物園池之端門のあたの不忍通りを歩く。不忍通りから一本路地を入ると住宅街だこのあたりは寺社も多い。ちょっと懐かしい東京の下町の雰囲気。最寄駅は東京メトロの根津駅だろう。ここに1865年(慶応元年)創業「池之端 柏家」がある。鉄筋三階建てのお店の外壁には「そうだ鰻を食べに柏家にいこう」というキャッチフレーズが書かれている。入口の御品書きの隅には、「鰻特別危惧種」とある。なんだか面白そうなお店...

 25, 2015   2
Category  東京都

See More Details

Subscribe and get in touch

Read More

うな吉

うな吉志村坂下駅近くの商店街の中にある「うな吉」店の外観がなんともレトロで目をひく。入口の木製の引き戸には、すりガラスに「うなぎ」と彫ってある。店内はカウンター9席、小上がり8席ほど。カウンターの中では店主が炭火で焼いているレトロ居酒屋の雰囲気、炭の香りが漂う。メニューは、うな丼1400円より。うな重1700円、(上)1950円、(特上)2500円肝焼き、ひれ焼、バラ、レバー、短冊、かぶとなどうなぎ串が楽しめそうだ。こ...

 23, 2015   2
Category  東京都

See More Details

Subscribe and get in touch

Read More

蒲焼双川

蒲焼双川東京で蒸さない蒲焼のお持ち帰りがあるという。ある人からの情報だ。東京で蒸さない地焼とは珍しい、興味がある。都内での打ち合わせの帰りに戸越銀座に寄る。戸越銀座の交差点から大崎寄りに歩いて10分ほどの右手に蒲焼双川がある。戸越銀座商店街の端のあたりだ。いろいろなお店を眺めながら歩けば苦ではない。黄色に黒文字で双川とある。そこには、うなぎ・貝るいと書いてある。初老の店主と女将さんが店頭でお客さんの...

 15, 2015   1
Category  東京都

See More Details

Subscribe and get in touch

Read More

しらゆき

しらゆきうなぎ串が好きになったS氏と打ち合わせと言う名の飲みである。有楽町で待ち合わせ打ち合わせをしながら、新富町へ向かう。うなぎ串がある新富町の「しらゆき」へ。有楽町から歩くと30分ほど程よい散歩と、店に着くころには打ち合わせも終わる。店内はカウンター5席とテーブル3卓ほど。かなり照明が落とされた店内は和風バーといた雰囲気。散歩の後はやっぱり生ビールが飲みたくなる。生ビール琥珀ヱビスをお願いする。メ...

 11, 2015   0
Category  東京都

See More Details

Subscribe and get in touch

Read More

福せん

福せん東京築地市場と言えば東京の台所、旨いものが集まる感じがする。じゃあ、うなぎはどうなのか?気になる築地のうなぎへ。築地市場には場内と場外がありたくさんの飲食店が並び国内外からの観光客がたくさん訪れている。今回は、築地市場場内6号館の「福せん」に行く。昼時、人気店には行列ができている。海外からの観光客も多い、海鮮系が人気のようだ。店内は左手の壁際にカウンター6席、右手の壁際にテーブル7席ほど細長く...

 25, 2015   0
Category  東京都

See More Details

Subscribe and get in touch

Read More

鮒与

鮒与志村坂下の賑わいのある商店街からはちょっと離れたところに創業1975年(昭和50年)「鮒与」がある。一軒家住宅風の建物だが、暖簾が出ているので鰻屋だと分かる。本蓮沼の鮒与(鮒與)が本店のようだがその関係は今後調べてみたいところだ。店内はカウンター5席、テーブル1卓、小上がり12席ほど。初老の夫婦が営んでいる。カウンターの下には文庫本本棚には絵本などが置いてある。なるほど、時間がかかるための気遣いのようだ。メ...

 12, 2015   0
Category  東京都

See More Details

Subscribe and get in touch

Read More

十番うなぎ はなぶさ

十番うなぎ はなぶさ地焼のひつまぶしが食べたい。麻布に名古屋特有の「地焼き」という伝統の調理法でうなぎを食べさせてくれる店があるようだ。六本木ヒルズから下ったダウンタウン、麻布十番。老舗の和菓子屋、お洒落なカフェ、居酒屋などが集まった賑やかな街だ。麻布十番商店街の真ん中、きみちゃん像のある交差点。場所的にはこのあたりなのだが・・・。十番うなぎはなぶさの看板を発見。看板には「はなぶさへお越しのお客様...

 21, 2015   0
Category  東京都

See More Details

Subscribe and get in touch

Read More

うなぎ 徳 渋谷店

うなぎ 徳 渋谷店渋谷にて打ち合わせの後の昼食、人と会うとなにかと鰻の話をしている今日はひつまぶしの話になった、うなぎが食べたい。渋谷ヒカリエ6階「うなぎ徳渋谷店」へ行く。株式会社徳が運営する、うなぎ徳は浜松を拠点に浜松店、肴町店、渋谷店、西麻布店、京都店、博多店と6店舗を展開する。他に鰻と季節料理の店「伊勢路」もある。浜松の老舗「八百徳」と混同されることがあるようだが「八百徳」のホームページによると...

 15, 2015   0
Category  東京都

See More Details

Subscribe and get in touch

Read More

三好

三好伊豆松崎を本店とする創業50年のうなぎ三好が日本橋人形町に支店を出している。ご飯を炭を使って蒸かまどで炊くという。そして、鰻も炭火焼とのことだ。人形町駅からは徒歩3分くらいA6出口が最寄りの出口だ。周辺には老舗の割烹料亭などがある界隈だ。ビルの2階、鰻を扱う可愛いおじさんのイラストが目印だ。店内はカウンター7席、テーブル席10席、小上がり10席ほど。モダン和風の落ち着く店内、静かなジャズが流れている。場...

 12, 2015   0
Category  東京都

See More Details

Subscribe and get in touch

Read More

鈴音

鈴音昼時、入谷駅から浅草方面に歩く。千束界隈を抜けていく、吉原散歩もおもしろい。千束通り沿いにあるうなぎ鈴音。店内はカウンター6席、奥には座敷部屋がある。二代目という若い店主と奥さん、そして若い職人さんとで営業しているようだ。カウンター席がメインのお店、うなぎをつまみに一杯やる感じがいい。メニューは、うな重並1750円より。グレードでうなぎの大きさが違うとのこと。うな重特上2800円を注文。天ぷらも人気の...

 18, 2015   2
Category  東京都

See More Details

Subscribe and get in touch

Read More

高嶋家

高嶋家老舗うなぎ屋にて会食、嬉しい。創業1875年(明治8年)小舟町高嶋家。創業当時は東京神楽坂だが、後すぐに日本橋小舟町に移転。ラストエンペラー愛新覚羅溥儀の弟愛新覚羅溥傑が店を訪れており書を贈っている。関東大震災、東京大空襲などで店舗の立て直しを経てきたという現在の小舟町の店舗は、ビルだらけの界隈に老舗らしさを残している。店内一階はテーブル席などがあり、木製の重厚な階段を上がると、座敷個室がある。階...

 06, 2015   0
Category  東京都

See More Details

Subscribe and get in touch

Read More

源氏

源氏年末はいろいろスケジュールが遅れ気味になる。本日もちょっと遅めの昼食となる。ちょっとゆっくりしたい、うなぎが食べたい。田端駅北口から不忍通りへ歩く。動坂下交差点を曲がるとうなぎ源氏がある。店の前には出前用のスパーカブ、下町の雰囲気がある。ホームページの源氏の歴史によると創業は元禄年間とある、1700年代だ。駿河国の柏原宿で「角屋」の屋号で開業。現在の富士川近くの静岡県蒲原あたりだ。明治期に入り宿場...

 07, 2015   0
Category  東京都

See More Details

Subscribe and get in touch

Read More

蒲焼割烹 根岸 宮川

蒲焼割烹 根岸 宮川鶯谷駅南口を出て根岸方面へ歩く。かつては下谷根岸町と呼ばれた旧花街である。花街のとしては下谷の方が古く根岸は大正10年に三業地としての許可を得ている。当時は東京の東側が繁華街であった。上野駅の東側は仏具店と店二階で食べさせるうなぎ屋がたくさんあったのだそうだ。このころの事情はこの本。宮川曼魚「深川のうなぎ」(住吉書店1953年)を読むとよくわかる。この界隈は古い街並みも一部残っており正岡...

 07, 2015   0
Category  東京都

See More Details

Subscribe and get in touch

Read More

田川

田川田川という店名も鰻屋さんではよく見かける。西荻窪の田川は残念ながら閉店している。高田馬場から早稲田通りを歩き西早稲田へ。早稲田通りから一本路地を入ると小学校があり住宅街がある。西早稲田の田川に行く、最寄駅は都電荒川線の面影橋駅だ。店内はテーブル6席、小上がり2卓の小さなお店。ご主人と女将さんで営業しているようだ。メニューはシンプル、グレードで鰻の量が違うとのこと。平日14:00までのうな重中が1720円...

 12, 2014   0
Category  東京都

See More Details

Subscribe and get in touch

Read More

うなぎ松村

うなぎ松村西武池袋線練馬高野台駅から徒歩7分ほど、昭和40年創業、鰻問屋直営のうなぎ松村へ行く。駅かからは住宅街の細い路地を通って行く。鰻問屋併設ということで建物も大きい。店内はカウンターは3メートルほどの一枚板に5席ほど、店奥には個室座敷席がある。メニューはシンプルでうな重梅2000円より。竹2500円、松3000円。蒲焼、白焼、肝焼き、骨せんべいなどがある。うな重のグレードで鰻の大きさが違うとのこと。松を基準...

 03, 2014   4
Category  東京都

See More Details

Subscribe and get in touch

Read More

志満金支店

志満金支店志満金支店、この名前がどうにも気になっていた。神楽坂志満金で聞いたところによると昔、のれん分けをしたことがあると聞いたことがあります、とのこと。神楽坂 志満金の支店ではないとのことだった。行ってみないと分からない。場所は新宿荒木町、旧花街の外れ曙橋駅近くだ。新宿から四谷三丁目、外苑東通りを散歩がてら歩く。倉庫、町工場、オフィスなどの雑居ビルのなかに白地の暖簾にうなぎと書いてある店がある。...

 25, 2014   0
Category  東京都

See More Details

Subscribe and get in touch

Read More

うなぎ仙見

うなぎ仙見京急梅屋敷駅から徒歩二分ほどに名物「はみ出し」うな丼があるという、うなぎ仙見がある。店内はカウンター4席とテーブル席3卓ご夫婦で切り盛りしているようだ。昼のメニューはランチうな丼1512円(税込)より名物はみ出しうな丼2376円(税込)まぶし丼1836円(税込)夜のメニューでは鰻重、上、特上があり蒲焼、白焼き、鰻の串焼、天然鰻時価もある。名物はみ出しうな丼も夜のメニューでは少々お値段が増すようだ。名物はみ出...

 25, 2014   0
Category  東京都

See More Details

Subscribe and get in touch

Read More

赤城

赤城久しぶりに新橋あたりを連れとともにうろうろしている。一杯やりたい。新橋大和田の前を通り過ぎた後ふぐ、うなぎの看板が。入口の赤提灯がなんとも暖かい感じ。店内はカウンターとテーブルと奥に座敷で25席ほど二階にはお座敷個室がある。創業は1941年(昭和16年)とのこと二代目と三代目の店主それぞれご夫婦で切り盛りされている。テーブルには電気調理器が埋め込まれている。ふぐちりをするためだろう。メニューはふぐ料理が...

 17, 2014   0
Category  東京都

See More Details

Subscribe and get in touch

Read More

やしま

やしまJR御徒町駅を降り新御徒町駅方面へ歩くこと10分ほど住所的には元浅草、蔵前のあたり。シャッタが閉まっている会社も多いがこのあたりは下町の町工場が多い。新御徒町駅近くのやしまへ行く。店内はテーブル4卓、座敷6卓。下町のおばちゃん風の店員さんにテーブル先に案内される。親戚のおばちゃんの家といった雰囲気だが内装も綺麗にしてある。なんだかホッと落ち着くお店だ。この雰囲気で気も緩み、瓶ビールをお願いする。プ...

 26, 2014   2
Category  東京都