うなぎのぼりブログ

日本のうなぎ食文化ってすごいかもしれない。気の向くままにうなぎ散歩。

See More Details

Subscribe and get in touch

Read More

東京・赤坂 重箱

とある会合で「重箱」八代目店主大谷さんとお会いする機会があった。ちょうど夫婦の記念日が近いこともありお昼の時間に予約をして行くことにする。お中食、お夕食ともにコースのみの提供。東京・赤坂「重箱」創業は文化・文政期というから1800年代のころで徳川家斎時代の重商主義により再び町人文化が繁栄したころだ。「家事息子」(久保田万太郎著)では「重箱」がモデルとなっていて「重箱」のウェブサイトでも紹介されている。ht...

 21, 2017   0
Category  東京都

See More Details

Subscribe and get in touch

Read More

入谷鬼子母神前 のだや

入谷鬼子母神門前のだやさんの移転再開業4周年記念特別メニューとして「かねみつうな太郎御膳」を出すという。しかも2月14・15日の二日間の限定というから是非に行っておきたい。「のだや」さんというとテレビなどでも多数紹介されているあるときだけの裏メニュー、蒲焼の周りに「肝焼き」と「う巻き」がのる「きょうすいうな太郎」は有名なところ。今回は、同じく裏メニュである「かねみつうな太郎・大」に三河一色産「匠の鰻・か...

 17, 2017   0
Category  東京都

See More Details

Subscribe and get in touch

Read More

うなぎ愛好会オリジナルショップ

オリジナル缶バッチ、オリジナルTシャツショッピングカートオープンいたしました。こちらのショッピングカートより購入いただけます。※(注)各うなぎ専門店さんにおいて特に特典があるわけではありません。※自分流フルオーダーTシャツもご相談の上、別途お見積りいたします。【うなぎ愛好会オリジナル商品受注制作販売について】うなぎ愛好会オリジナル商品は、受注制作販売となっております。ショッピングカートよりご注文いただい...

 13, 2017   0
Category  うなぎ愛好会

See More Details

Subscribe and get in touch

Read More

「うなぎ愛好会心得」

うなぎ愛のある人たちが集まるフェイスブック「うなぎ愛好会」グループhttps://www.facebook.com/groups/747629515319946/うなぎ愛のある、うなぎ好きの方なら【どなたでも参加可能】です。※トップの固定された投稿を一読の上、ご理解いただいた後にご参加くださいませ。そして、「うなぎ愛好会心得」を作ってみました。「うなぎ愛好会心得」1.うな様との出会いは一期一会と心得よ、口に合わずとも決して罵るべからず1.地域によっ...

 13, 2017   0
Category  うなぎ愛好会

See More Details

Subscribe and get in touch

Read More

食と燗 くら川~噂のオーガニック鰻をいただく

「うなクリ」の日。ハレの日には鰻を!鰻大先輩である「うなぎ大好き」管理人さんにお誘いいただき、今年の「うなクリ」は「食と燗 くら川」さん。コース料理で予約をしていただいた。鹿児島県大隅半島の湧水と無投薬で丁寧に丁寧に育てられた「泰正養鰻」さんのオーガニック鰻を頂けるという。オーガニック鰻、噂には聞いていたが、まだ頂いたことはない。「泰正養鰻」さんhttp://www.taito-unagi.com/これは楽しみ!18時の開店時...

 27, 2016   0
Category  埼玉県

See More Details

Subscribe and get in touch

Read More

「うなぎ未来会議2016」 ~ニホンウナギの絶滅リスク評価~

「うなぎ未来会議2016」を傍聴してまいりました。なるべく読みやすく簡潔にまとめてみましたのでご一読いただければありがたいです。「うなぎ未来会議2016」~ニホンウナギの絶滅リスク評価~10月30日(日曜日)中央大学後楽園キャンパス背景ニホンウナギは2014年6月、IUCN(国際自然保護連合)に絶滅危惧種に指定された。2018年には、ニホンウナギを含むウナギ属魚類の再評価が行われる予定だ。IUCN(国際自然保護連合)レッドリスト...

 31, 2016   0
Category  うなぎ未来会議

See More Details

Subscribe and get in touch

Read More

うなぎのぼり ちゃんねる↑

うなぎのぼり ちゃんねる↑...

 10, 2016   0

See More Details

Subscribe and get in touch

Read More

うなぎ屋さんマップ

訪問した鰻屋さんマップより大きな地図で うなたん うなぎマップ を表示...

 10, 2016   0
Category  鰻マップ

See More Details

Subscribe and get in touch

Read More

瓢六亭 南平台

際コーポレーションが展開する鰻店。2015年11月に渋谷南平台にオープン。際グループとしてはこれが初の鰻展開ではない東村山の草門去来荘で鰻とうどんの店があり、瓢六亭としては瓢六亭甲府が一店舗目。瓢六亭南平台は二店舗目となる。ホームページ内には地焼鰻が自慢の「瓢六亭 南平台」とあり、関東では珍しい蒸さない地焼鰻を食べられるようだ。これは気になるところだ。最寄駅は京王神泉駅なのだが、渋谷駅から歩いても12分ほ...

 12, 2016   0
Category  東京都

See More Details

Subscribe and get in touch

Read More

登喜和

富士吉田「登喜和」にて昼食。あいにく梅雨時の雨で富士山は見えず。ベージュの壁に藍色の暖簾が似合う。富士吉田「登喜和」は、この地で営業7年目なのだそうだ。父と兄で営業する大月の「登喜和」が本店で富士吉田「登喜和」は母と二男で営業している。店内は、テーブル2卓、小上がり3卓お座敷席もある。シンプルで綺麗な店内だ。メニューもシンプルうな重2520円より上3460円、特上4830円鰻のサイズは同じで量が違うとのこと。他...

 08, 2016   0
Category  山梨県

See More Details

Subscribe and get in touch

Read More

八べえ2

うなぎラーメンの新作が出来たという。今回は鰻友「うなぎ大好き」管理人さんをお誘いして夜の部へ。鰻肝焼き、鰻兜焼。程よく蒸されて柔らかい鰻兜焼。スカツリーのジョッキで一杯。夏季限定の鰻冷しゃぶ。ねぎポン酢でいただく。プリプリの食感と鰻の旨味。これはクセになる。鰻の皮も一緒にしゃぶしゃぶにしているところが、濃厚感をだすようだ。これにはまって、いくつもお代わりをした人もいるとか・・・たしかにこれはハマる...

 29, 2016   0
Category  東京都

See More Details

Subscribe and get in touch

Read More

うなぎの竜由

2016.02.25に行われた鰻福会×うなぎ愛好会「第三回うなぎ愛好会の集い」でご一緒させていただいた甲府の「うなぎの竜由」の二代目と三代目店主。山梨出張の折に寄らせていただいた。甲府昭和インターからは近く、広めの駐車場が完備。高速を途中下車して立ち寄るのにも便利な立地だ。入口横が調理場、焼き場。店内は、テーブル席3席、カウンター6席大小の座敷個室がある。BGMはスロージャズ、一杯やりたくなる雰囲気だ。メニューは...

 23, 2016   0
Category  山梨県

See More Details

Subscribe and get in touch

Read More

一味亭

鰻福会×うなぎ愛好会「第三回うなぎ愛好会の集い」のときに、一味亭三代目店主とお会いして気になっていたお店の一つ。埼玉県ふじみ野市「一味亭」店舗横に駐車場。緑に囲まれた店舗、アプローチには鯉のいる池がある。爽やかな笑顔で迎えられ仕切られたテーブル席に案内していただく。暖簾でさりげないプライベート感のある掘りごたつ式席個室座敷から40名収容の大広間も備えている。メニューは、会食のコースメニューが中心。シ...

 17, 2016   0
Category  埼玉県

See More Details

Subscribe and get in touch

Read More

ラズウェルさんと米沢で鰻を食らう会

ラズウェル細木さんと言えばうなぎ好きで知らない人はいないはずだ。そう、うなぎの話だらけの漫画「う【u】」の作者だ。お酒好きにとっては、「酒の細道」の作者としても知られているとこだろう。フェイスブックの「ラズウェル細木ファンクラブ」https://www.facebook.com/roswellhosoki.fanclub/?fref=tsをチェックしていたところ、イベント告知があった。なんと「ラズウェルさんと米沢で鰻を食らう会」を行うという、スケジュー...

 09, 2016   0
Category  福島県

See More Details

Subscribe and get in touch

Read More

第15回浦和うなぎまつり2016

2016年5月28日(土曜日)「第15回浦和うなぎまつり」が、さいたま市役所にて行われた。同時に「第4回うなぎ愛好会の集い」イベントとして企画し愛好会メンバーで「浦和うなぎまつり」を楽しむことにする。目指すは、実演販売の「うなぎ弁当」だ。実演販売の「うなぎ弁当」4000食一個1500円、お一人様3個まで。これをゲットするためには、9:00に配布開始される整理券をゲットしなくてはならない。うなぎ愛好会メンバーとしても気合を...

 29, 2016   0
Category  鰻の街浦和

See More Details

Subscribe and get in touch

Read More

小川家

下田で昼食、「小川家」へ行く。店内は、テーブル2卓と小上がり席客席と調理場の間に立て場がある。メニューは、シンプル。うな重竹3450円よりグレードとしては松もあるが、本日は竹のみとのこと他には柳川、肝煮がある。静かな店内空間。予約をしていたお客様が入ってきた。先にうな重が出てくる、食べながら、鰻談義が始まる。待ち時間はこういう話が聞こえてしまうものでそれによると蒸さないうなぎはダメ、甘いのもダメなのだ...

 26, 2016   0
Category  静岡県

See More Details

Subscribe and get in touch

Read More

冨久家

旧東海道近くの「冨久家」ホームページには創業より60年余りとあるが、現在はそれ以上なのだろう。気持ちの良い応対の気さくな店主は三代目なのだそうだ。店内はテーブル2卓、掘りごたつ式2卓二階にはお座敷席もあり。純和風のレトロな雰囲気の店内には著名人の色紙なども飾られている。建物自体は古いが綺麗に手入れがされ丁寧に使用されている。メニューは、うな重並2900円よりグレードでうなぎの量が違うとのこと。並で一尾、上...

 26, 2016   0
Category  静岡県

See More Details

Subscribe and get in touch

Read More

魚与うなぎ店

旧東海道近くの、持ち帰り専門店。うなぎの卸問屋からはじまり現在は三代目なのだそうだ。持ち帰り専門店なのだが4月から店内飲食も可能になったのだそうでテーブルが1卓のみある。基本は電話で予約してその時間に取に行くというお持ち帰りスタイル。予約もしない自分は15分ほど待つ。これまた、基本は蒲焼なのだが無理を言って一尾を白焼きにしていただいた。そして肝焼きも追加。これが帰宅後の楽しみになる。蒸された、蒲焼と白...

 26, 2016   0
Category  静岡県

See More Details

Subscribe and get in touch

Read More

一鰻

伊東で一泊する。素泊まりなので、伊東の街で食事をする。ちょっと一杯飲みたい。伊東駅前ロータリーから路地を入ってすぐ「一鰻」へ。ダーク系の外観は重厚感を感じる。店頭に、注意書きが・・・読んでから入ろう。以下、一部抜粋。・当店では鰻の薬味は本わさびです。・さんしょうはありません。・軽めの柔らかなうなぎです。・カウンター十席のみの狭い店です。・完全禁煙です。・写真は料理のみにしてください・・・いろいろ大...

 26, 2016   0
Category  静岡県

See More Details

Subscribe and get in touch

Read More

まとい

伊豆半島を南下し伊東い到着。老舗旅館「東海館」向かいの「まとい」に行く。老舗旅館のある細い路地は温泉街の風情がある、周囲には蒲焼を焼く香りが広がっている。すっきりとシンプルな外観。店内はカウンター3席、テーブル4卓他。ほのかな川魚の香りが漂う。この香りがする店、好きだなあ。メニューはシンプル。半丼1800から。うな重並は2800円より。グレードでうなぎの量が違うとのこと。隣の老夫婦が、うな重とうな丼でなんで...

 26, 2016   0
Category  静岡県

See More Details

Subscribe and get in touch

Read More

itta

場所は湯河原。以前、一度店の前までは来たことがあったのだが、臨時休業で残念。その時は、旧店名「食事処山ごや」だった。また、伊豆方面に行く機会ができたのでリベンジ。店名が「itta」に変わったようだ。お店の外観はうなぎ茶屋?といった雰囲気。しかし中に入ると和風な内装ながら小物雑貨系のお洒落なカフェ。カウンター4席、テーブル2卓、小上がり2卓。ウェルカムメッセージの書かれたお洒落な黒板のあるカウンター席に座...

 26, 2016   0
Category  静岡県

See More Details

Subscribe and get in touch

Read More

すがや

京浜東北線蕨駅東口「すがや」創業当時からうなぎと定食を出すお店なのだそうだ。現在、三代目。店内は、和風の内装小上がり2卓、テーブル5卓。メニューはうな丼1700円より。うな重は3100円より。カレー、天丼、とんかつ、ひれかつ、海老フライなどの各種定食メニューが並ぶのも面白い。おつまみ系のメニューも豊富。待つこと25分、うな重登場。皮は柔らかく、皮下のボリューム感がある。身は表面をややサクッと仕上げてありやや厚...

 25, 2016   0
Category  埼玉県

See More Details

Subscribe and get in touch

Read More

寿司割烹 山水

川越線日進駅南口から一つ目の交差点の角にある。寿司割烹なのだが「うなぎ」のノボリもありお店の入口脇には焼き場もあり時折、うなぎ蒲焼を焼くいい香りがしてくる。夏場の丑の日には店頭での蒲焼の販売もしていることもある。ランチ時に行ってみる。入口を入って右手には立派な寿司カウンターがある。BGMのスローJAZZが心地よい。カウンター席は9席ほど半個室のテーブル席もある。入口左手にもテーブル席がありさらには別棟には...

 25, 2016   0
Category  埼玉県

See More Details

Subscribe and get in touch

Read More

江戸前うなぎ彦星2

「うなぎ大好き」管理人さんからさいたま市の川魚問屋「鯉平」さんの見学のお話を受けて、本日は一日ご一緒させていただく。川魚問屋「鯉平」さんの見学を終え※川魚問屋「鯉平」さん見学のレポートはこちら。昼食をどこにしましょうかということになる。「鯉平」さんの直営店、「かのうや」さんはちょうど定休日なので、浦和の「江戸前うなぎ彦星」さんに行くことにする。前回の「江戸前うなぎ彦星」さんのレポート記事でも書いた...

 25, 2016   0
Category  埼玉県

See More Details

Subscribe and get in touch

Read More

うなぎ屋酒坊・画荘 越後屋

久しぶりに小手指の越後屋さんへ。今回は、「うなぎ大好き」の管理人さんをお誘いしての訪問。「うなぎ大好き」管理人さんには、丸一日うなぎツアーをご一緒していただいている。開店前に、店前に到着。久しぶりに店主と再会。カウンターの席に座る。ここでは、このカウンターの席がお気に入りだ。というのは、店主からいろいろな話を聞けるからだ。三種盛り~刺身の盛り合わせ、うなぎバラのサラダ、岩ガキうなぎバラのサラダにか...

 25, 2016   0
Category  埼玉県

See More Details

Subscribe and get in touch

Read More

期間限定~日本橋長崎館~いさはやWEEK

期間限定~日本橋長崎館~いさはやWEEK2016年5月22日(日曜日)まで詳しくはこちら、諫早市オフィシャルサイトhttp://www.city.isahaya.nagasaki.jp/post38/30934.html今年2016年3月に日本橋にオープンしたという長崎県のアンテナショップ。期間限定で「いさはやWEEK」のイベントを行っている。長崎県の諫早(いさはや)と言えば、うなぎですよ。館内に入ると、諫早のゆるキャラ「うないさん」諫早のうなぎの妖精なのだそうだ。「うな...

 20, 2016   0
Category  鰻の街 諫早

See More Details

Subscribe and get in touch

Read More

行田屋2

浮間舟渡の「行田屋」さん何年振りだろうか・・・過去のブログ記事を見返すと2008年3月8年ぶりか・・・。たまたまツイッターであれ?もしかしてという思いから、どうにも気になってしまった。この行田屋さんのうなぎを食べてうなぎ蒲焼の不思議な魅力にはまることになったんだったなあ・・・。というのは、当時二代目店主から「うちのは、蒸さないんですよ。」と聞いていたことだけがひっかかっていた。蒸さないとは関西風なのか?...

 19, 2016   0
Category  東京都

See More Details

Subscribe and get in touch

Read More

うなぎ完全養殖技術研究の現場から

国立研究開発法人水産研究・教育機構増養殖研究所ウナギ種苗量産研究センター桑田センター長に話を伺ってまいりました。「南伊豆庁舎(静岡南伊豆)」>日本の養殖技術淡水魚の養殖は紀元前のローマ・エジプト・中国などですでに行われていたが、海産魚介類の養殖技術は1960年代あたりから、国の事業として行われていて、ほぼ日本が開発しているのだそうだ。元々は国の栽培漁業センターからスタートしている。その背景には、高度成長...

 18, 2016   4
Category  鰻の完全養殖

See More Details

Subscribe and get in touch

Read More

さいたまの川魚卸問屋「鯉平」

うな友である「うなぎ大好き」管理人さんより「鯉平」さんの見学に一緒に行きませんか?とありがたいメッセージをいただき、興味津々でご一緒させていただくことになった。「鯉平」の文字、埼玉県民のうなぎ好きは一度は目にしたことがあるだろう。特に大宮市民には馴染み深いのではないだろうか。株式会社「鯉平」は、主なうなぎ流通「生産者(養鰻場)~生産地問屋~消費地問屋~うなぎ専門店」のうちの消費地問屋にあたり、埼玉県...

 17, 2016   0
Category  川魚問屋

See More Details

Subscribe and get in touch

Read More

こだわり食材「鈴」

こだわり食材「鈴」先日の鰻福会さんとの懇親会でご一緒させていただいた「つきじ宮川本廛」にお勤めの西村さんに新所沢のこだわり食材「鈴」へ案内していただいた。昼からご一緒させていただいている「うなぎ大好き」の管理人さんと鰻仲間のみなさん計5名で伺った。「鈴」は2014年のオープン、まだ新しいお店だ。しかし、お店は新しいのだが店主の鈴木さんは、南千住の尾花をはじめ都内の名だたる鰻店や日本料理店で修行し、この...

 19, 2016   6
Category  埼玉県

See More Details

Subscribe and get in touch

Read More

うなぎ・季節料理「藤乃」

先月(2016年2月)の鰻福会×うなぎ愛好会の親睦会にて対面で席をご一緒させていただいたのが東京都小平市の「藤乃」の店主である藤野さん。鰻屋さんが集まる会合の中、とても熱心に他の鰻屋さんに技術的な話を聞いていたのが印象的だった。そして、私たち素人にも分かりやすく教えてくれた。お客様に、「もっといいものを出したい」を追及したいのだそうだ。その時、動画でうな丼が出来るまでを撮らせていただけないかとお願いをして...

 19, 2016   0
Category  東京都

See More Details

Subscribe and get in touch

Read More

鰻のまこと

鰻のまこと1928年(昭和3年)、現練馬区南大泉にて初代「割烹初音」として創業。1959年(昭和34年)より現西東京市ひばりヶ丘に移転し「鰻のまこと」として現在では三代目店主(辻木健さん)が営業をしている。20数年前まで店内飲食も行っていたのだが、地域柄、家族で食べるお客様が多く、鰻蒲焼を身近な物にしたい、極力食べやすい価格で提供したい。という想いから手の届く範囲のお持ち帰り専門店にしたのだそうだ。「鰻のまこと」ホ...

 17, 2016   0
Category  東京都

See More Details

Subscribe and get in touch

Read More

江戸前うなぎ彦星

江戸前うなぎ彦星浦和に新しい鰻屋さんができた。浦和駅西口から3分ほど、ナカギンザセブン内。店主は川魚卸問屋の「鯉平」で15年修行。銀座大和田浦和店、萬店などを経て2015年10月オープン。店頭に屋号の「彦星」のストーリーが書いてある。「ブレない自分を確認するときは、夜空を見上げるものだ。」「人生にいつでも持つべき「夢」「目標」を星にたとえて。」「商売繁盛、夫婦円満。」「うなぎで人を幸せにする使命をもって・...

 29, 2016   0
Category  埼玉県

See More Details

Subscribe and get in touch

Read More

鰻福会×うなぎ愛好会「第三回うなぎ愛好会の集い」

鰻福会×うなぎ愛好会「第三回うなぎ愛好会の集い」2016年2月24日水曜日「うなぎ料理専門店川昌本店」にて鰻福会×うなぎ愛好会(第三回うなぎ愛好会の集い)が開催された。今回は「鰻福会」さんの定期会合にお邪魔してのコラボレーション企画としての開催となった。「鰻福会」とは、服部会長(名古屋市瑞穂区「うな豊」)を発起人としてSNSを通して繋がった鰻屋さん職人さんの全国組織だ。熊本、大分、島根、長野、山梨、神奈川、埼玉...

 25, 2016   0
Category  うなぎ愛好会

See More Details

Subscribe and get in touch

Read More

うなぎ料理専門店 川昌本店

うなぎのぼり企画、動画コンテンツ制作のためご協力いただいた「うなぎ専門料理店 川昌本店」にてうなぎ創作料理コースのレポートをしてまいりました。1981年(昭和56年)創業のうなぎ料理専門店「川昌本店」埼玉県北葛飾郡松伏町金杉1511TEL.048-992-0123古い醤油蔵の材料を使い移築した建物内装などは先代が手掛けたという。うなぎ料理専門店「川昌本店」ホームページ現在、二代目となる飯塚料理長。重厚な梁のある店内。少人数個...

 23, 2016   4
Category  埼玉県

See More Details

Subscribe and get in touch

Read More

うなぎのまち岡谷「第9回寒の土用うなぎ祭り」

寒の土用丑の日を推進している「うなぎのまち岡谷」のPRイベントとして「第9回寒の土用うなぎ祭り」が2016年2月11日に開催された。祭りの目玉としては限定1200食のミニうな丼800円だ。岡谷市内の鰻屋さんが集結して、うな丼を実演販売する。しかもこの祭り限定のタレで焼き上げるというから気になるところだ。このタレ、各お店のタレをブレンドしているとのことだ。岡谷市総合体育館スワンドームに到着したのは午前九時、既に長蛇...

 23, 2016   0
Category  鰻の街岡谷

See More Details

Subscribe and get in touch

Read More

清水屋

清水屋旧中山道、宮原付近で気になっていたお店。店の前に"たれが違います"と大きく書いてある。敷地内の駐車場に車を置く。"たれが違います"と書かれた看板が取り付けられているのは古井戸だ。店内はカウンター4席、小上がり3卓純和風の日本料理やといった雰囲気。お一人様はカウンターへ案内される。カウンター越しには調理場が見える。メニューは、うな重(梅)2500円より。(竹)2700円、(松)3450円グレードによって鰻の大きさが違...

 23, 2016   0
Category  埼玉県

See More Details

Subscribe and get in touch

Read More

やきとり大八

やきとり大八中央線高円寺駅からメトロの新高円寺に向かって歩く。アーケードや商店街のあるなんともアットホームな街並み。いろいろなお店を見ながら歩くこと15分ほど。テイクアウト専門の小さな焼き鳥屋さんがある。焼き鳥は地鶏、ねぎま、つくね、とり皮をはじめ豚レバーやタン、砂肝など種類が豊富だ。どれも一本100円。そして、ショーケースの上段にはうなぎの蒲焼が850円とある。鰻の肝串は一本150円。これはちょっと買って...

 23, 2016   0
Category  東京都

See More Details

Subscribe and get in touch

Read More

林屋川魚店

林屋川魚店茅野出張の帰り道そろそろ高速に入ろうかと国道20号線を走っていると「林屋川魚店」がある。これは寄らねば。こちらの川魚店は「うなぎ林屋」さんの併設の売店。もともとはこちらの川魚店が創業元。創業は1893年(明治26年)だという。諏訪湖と言えばワカサギが代表的だ。ワカサギの甘露煮、唐揚げや鮒、鯉を扱うお店だ。ここで蒲焼一本をお土産にする。帰宅後、いつもトースター機能で焼き直す。これは、焼き過ぎないよう...

 23, 2016   0
Category  長野県

See More Details

Subscribe and get in touch

Read More

丸中清水屋

丸中清水屋茅野に出張。ここまできたら寄って行きたいうなぎ処岡谷。ご当地でもうな重をいただくのもよいが川魚店で購入してお持ち帰りして帰宅後の自宅で一杯飲みながらいただくというのも好きだ。今回は、丸中清水屋。釜口水門を茅野方面に行く途中の細い路地を入る。車一台分が通れるほどの道幅だ。店舗脇の駐車場にとめる。大きな生簀には鯉が入っている。その隣にはかごに入った活鰻。愛知豊橋と書かれた段ボールには3.3Pと書...

 23, 2016   0
Category  長野県

See More Details

Subscribe and get in touch

Read More

登三松 東銀座店

仕事柄、外出したときなどは昼飯を食べ損ねることがある。そんな時に限ってなぜか鰻が食べたくなったする。鰻屋さんで通し営業をしているお店は少ない。通し営業の登三松 東銀座店に行くことにする。木挽町通り、老舗の飲食店が集まる界隈だ。ビルの一階が店舗、店頭でうなぎ弁当がサービス弁当として1000円ほどで売られている。店内は9テーブル20席ほど。とっくにランチの時間帯は過ぎすでにおやつの時間帯なので他のお客様はなし...

 23, 2016   0
Category  東京都

See More Details

Subscribe and get in touch

Read More

いろは亭中野本店

うなぎ大好き管理人さんと行く中野うな串巡り旅「味治」「川二郎」と巡り三軒目は荻窪の「川勢」でもと話していたのだが時間的に難しい。二軒でいただいたキンミヤも効いてきたし。しかしまだ帰りたくない。「味治」に行く前に昭和新道で見つけた「いろは亭中野本店」ここにも寄りたい。お店のホームページによると30年になると書いてある。二十代後半、中野には仕事関係でよく訪れていたのだが、このお店の存在には気が付かなかっ...

 16, 2016   0
Category  東京都

See More Details

Subscribe and get in touch

Read More

川二郎

中野うな串巡り旅うなぎ大好き管理人さんと二軒目。「美味しんぼ80巻」でも取り上げられたうな串の人気店「川二郎」へ。席は空いているだろうか・・・。ずっと気になっていたお店だがなぜか行ったことが無かった。行こう行こうと思っているうちに「川二郎」閉店という情報が。「川二郎」は1968年(昭和43年)に創業。2008年に現「くりから」(中井)の店主が三代目として受け継ぎ川二郎二代目店主は現「味治」(中野)を姉妹店として開店...

 16, 2016   0
Category  東京都

See More Details

Subscribe and get in touch

Read More

味治(みはる)

中野うな串巡り旅。そして今回はゲストをお招きしての巡り旅。ゲストとは、あの老舗うなぎサイト大先輩の「うなぎ大好き」の管理人さん。自分も古くから鰻屋さん情報の収集ではたいへんお世話になっている。中野でうなぎの串焼きと言えば「味治」「川二郎」の二軒の人気店がある。今日は巡り旅なので、どちらも行きたい。さてどちらから行くのがよいか悩む。17時開店の「味治」から行くことにする。開店前に「うなぎ大好き」の管理...

 16, 2016   0
Category  東京都

See More Details

Subscribe and get in touch

Read More

うなぎ割烹仲勢

このあと、新越谷で用事がある。しかし待ち合わせ時間にはちょっと余裕がある。隣駅の蒲生駅からは徒歩3分ほどの「うなぎ割烹仲勢」に行ってみる。暖簾をくぐると入口右手に生簀がありフグが入っている。左手にはうなぎの生簀と立て場がある。店内は半個室の小上がり3卓とテーブル席3卓、三階までが客席となっているようだ。BGMは琴のサウンド、店主の対応もまろやかでなんだか落ち着く店内だ。メニューは宴会のコース料理をはじめ...

 15, 2016   0
Category  埼玉県

See More Details

Subscribe and get in touch

Read More

うなぎ今丁

東海道本線大森駅から歩くこと10分ほど。ちょうど京急の大森海岸駅との間あたりだ。昼時、うなぎ今丁に行く。白い暖簾をくぐるとカウンター10席、テーブル4卓ほどの店内。カウンターの内側が調理場。入口横には肉厚の白焼きが並べられている。メニューはランチ丼1150円より。うな丼(並)(大盛)(ダブル)(大盛・ダブル)が1550円から2900円で味噌汁と新香が付く。グレードで鰻の量が違う。一日7食限定のうな重は肝吸い付で3800円。短尺...

 12, 2016   0
Category  東京都

See More Details

Subscribe and get in touch

Read More

うなぎ活魚天ぷら八べえ

亀戸天神前の「うなぎ活魚天ぷら八べえ」でうなぎラーメンがあるという、どんなものなんだろうか?やっぱり好奇心が勝ってしまい、雨だというのに亀戸へ。お店は亀戸天神の参道、門前。天神さまにもお参りを済ませ、いざラーメン屋いや、うなぎ屋さんへ。店前にデリバリー用のバイクが二台止まっている宅配サービスをしているようだ。入口には鰻の入った生簀と写真付きのメニューがありちょっと確認うなぎラーメンがあった。店内は...

 12, 2016   2
Category  東京都

See More Details

Subscribe and get in touch

Read More

つく梅

西新宿の裏路地。新宿といってもちょっと細い路地を入れば、住宅街に迷い込むことができる。住宅街から空を見上げれば高層ビル。そんなちょっとおかしな風景がある。ごく普通の一戸建ての玄関に「つく梅」と書かれた看板と暖簾。その横にはごく普通のお宅の表札。その下にはお品書きと営業中の札。これは、インターホンを押して行くべきか悩む。静かに玄関を開けると、そこはリビング?店主と女将さんがラーメンを食べている。既に...

 06, 2016   0
Category  東京都

See More Details

Subscribe and get in touch

Read More

斉藤うなぎ店

さきほどの「斉藤うなぎ支店」で白焼きを購入後、いすみ市へ向かう。国道128号線に出る手前で「斉藤うなぎ店」がある。ここでも寄り道。店の敷地内に車を駐車。しかしお店の人がいないようだ。まあ、急ぐたびではない、ちょっと待ってみよう。待つこと5分ほどで、女将さんが仕入から帰ってきた。白焼きを・・・と。20分ほどかかりますよ。出来たら呼ぶので車の中で待っててくださいとのこと。さきほどの、斉藤うなぎ支店との関係は...

 03, 2016   0
Category  千葉県

See More Details

Subscribe and get in touch

Read More

斉藤うなぎ支店

養老温泉からいすみ市へ向かう。土地勘のなところはナビにお任せ。国道465号線を走っていたのだがいすみ鉄道国吉駅を過ぎたあたりを左折しろとナビが言う。左折をしてちょっと行ったところに「うなぎ」の文字が・・・。看板には「斉藤うなぎ支店」とある。これは寄らねば。店の横に車を駐車。お店の人が見えた、やっているようだ。店内は川魚の香り、棚に白焼きが見える。あら、あるじゃない。白焼きをいただきたいというといま出...

 03, 2016   0
Category  千葉県